トップ プロフィール ギャラリー 絵本 幼年童話 書籍 挿絵他 情報 ブログ リンク 

 
魔女
「魔女裁判の秘密」

樹 葉:作
北見葉胡:絵

2019年3月:文研出版刊

¥1400+税

魔女裁判
くるみわり
「くるみ割人形」

ホフマン:作
村山早紀:訳
北見葉胡:絵

2018年11月:ポプラ社刊

¥1000+税

くるみわり
短歌集
「窓辺のふくろう」

奥山恵:作
北見葉胡:絵

2017年10月:コールサック社刊

¥1200+税

短歌集です。
著者は児童書店ハックルベリーブックス店長さんでもあります。

シナモン
「シナモンのおやすみ日記」

小手鞠るい:作
北見葉胡:絵

2016年4月:講談社刊

¥1200+税

シナモン
長毛種の猫シナモンをいっぱい描きました。

irohanoasita
「いろはのあした」

魚住直子:作
北見葉胡:絵

2014年9月:あかね書房刊

¥1100+税

sasie本文挿絵の中の一枚
hosiyakou
「星夜行」

北森みお:作
北見葉胡:絵

2010年8月:パロル舎刊

¥1200+税

リトグラフ風に創ってみました。
piacyure
「ピアチューレ 風の歌声」

にしがきようこ:作
北見葉胡:絵

2010年7月:小峰書店刊

¥1400+税

第8回日本児童文学者協会
長編 児童文学新人賞受賞

第21回 椋鳩十賞受賞

tukinoue
「月の上のガラスの町」

古田足日:作
北見葉胡:絵

2010年4月:日本標準刊

¥1400+税

30年ほど前古田足日さんが書いたお話を
表紙と挿絵を変えて再出版したものです。
前回未収録作も2作品収録されています。

akuma本文挿絵の中の一枚

「ハーブガーデン」

草野たき:作
北見葉胡:絵

2009年:岩崎書店刊

¥1400+税

ha-bu3本文挿絵の中の一枚

いい夢ひとつみぃつけた

小松原宏子:作
北見葉胡:絵

¥1260

2008年:くもん出版刊

「いい夢ひとつおあずかり」の続編です
続編といっても、
この巻から読んでも全く大丈夫★
独立したお話です。

韓国いいゆめ
2012年 韓国版出版 

心にひびくお話

日本児童文芸家協会:編
北見葉胡:絵

¥1200+税

2008年:学研刊


執筆者紹介(掲載順)

山元ときえ・原田乃梨・岩崎まさえ
すずきゆかり・野花ゆり枝・藤島勇生
井嶋敦子・小原麻由美・沢田俊子
童みどり・上山智子・飯野由希代
吉崎みゆき・岡村佳奈・福明子

※挿絵は最後の福明子さんだけ
私が描きました。
他のお話はそれぞれ素敵な画家さんが
描いていらっしゃいます。

まよなかのひっこし」

竹内もと代:作
北見葉胡:絵

¥1200+税

2007年:学研刊

モノクロの挿絵の他、カラーの挿絵も4枚入っています。
左絵は挿絵の中の一枚(油彩)

いい夢ひとつおあずかり

小松原宏子:作
北見葉胡:絵

¥1260

2007年:くもん出版刊


2006年5月1日〜31日まで
毎日新聞(大阪本社版)に連載され
単行本化にあたり
大幅に加筆修正されました。

第52回西日本読書感想画コンクール
指定図書

iiyumeiiyume良い夢
2009年中国出版      2010年韓国出版        2016中国出版
「教室の祭り」

草野たき:作
北見葉胡:絵

2006年:岩崎書店刊

¥1260

左絵は挿絵の中の一枚(銅版画)。


「まぼろしの犬」
日本児童文学者協会編

北見葉胡:絵

2006年:新日本出版社刊

¥1995

執筆者紹介(掲載順)

古田足日・岡田依世子・中原光・
島村木綿子・最上一平・木村研・
川北亮司・西山梨佳


「ヒットラーのむすめ」
ジャッキー・フレンチ:作
さくまゆみこ:訳

北見葉胡:絵

2004年:すずき出版刊

¥1470

日本では産経児童出版文化賞JR賞受賞
オーストラリア児童書では大人・子供部門共に
「book of year」を受賞した作品


2008年韓国版出版


「安房直子コレクション」全7巻◆(偕成社刊) 安房直子作:北見葉胡絵
(全7巻はケース入りです)

挿絵は全て銅版画です。



安房直子
コレクション
表紙
全7巻

扉絵
第1巻

「なくしてしまった
魔法の時間」

2004年2月

¥2100

収録作品

さんしょっこ・きつねの窓・空色のゆりいす・鳥・夕日の国・誰も知らない時間・雪窓・てまり・赤いばらの橋・小さいやさしい右手・北風のわすれたハンカチ・エッセイ

扉絵
第2巻

「見知らぬ町ふしぎな村」

2004年3月

¥2100

収録作品

魔法をかけられた舌・空にうかんだエレベーター・ひぐれのお客・ふしぎな文房具や・猫の結婚式・うさぎ屋のひみつ・青い花・遠い野ばらの村・秘密の発電所・オリオン写真館・海の館のひらめ・ふしぎなシャベル・海の口笛・南の島の魔法の話・だれにも見えないベランダ・エッセイ

扉絵
第3巻

「ものいう動物たちの
すみか」

2004年3月

¥2100

収録作品

きつねの夕食会・ねこじゃらしの野原(すずめのおくりもの・ねずみの福引き・きつね山の赤い花・星のこおる夜・ひぐれのラッパ・ねこじゃらしの野原)・山の童話  風のローラースケート(風のローラースケート・月夜のテーブルかけ・小さいつづら・ふろふき大根のゆうべ・谷間の宿・花びらづくし・よもぎが原の風・てんぐのくれためんこ・エッセイ

扉絵
第4巻

「まよいこんだ異界の話」

2004年3月

¥2100

収録作品

ハンカチの上の花畑・ライラック通りの帽子屋・丘の上の小さな家・三日月村の黒猫・エッセイ

扉絵
第5巻

「恋人たちの冒険」

2004年2月

¥2100

収録作品

天の鹿・熊の火・あるジャム屋の話・鳥にさらわれた娘・べにばらホテルのお客・エッセイ

扉絵
第6巻

「世界の果ての国へ」

2004年3月

¥2100

収録作品

鶴の家・日暮れの海の物語・長い灰色のスカート・木の葉の魚・奥さまの耳飾り・野の音・青い糸・野の果ての国・火影の夢・銀のくじゃく・エッセイ

扉絵
第7巻

「めぐる季節の話」

2004年3月

¥2100

収録作品

緑のスキップ・もぐらのほったふかい井戸・初雪のふる日・エプロンをかけためんどり・花豆の煮えるまで(花豆の煮えるまでー小夜の物語・風になって・湯の花・紅葉の頃・うさぎ座の夜・小夜と鬼の子・大きな朴の木)・エッセイ・年表・作品目録


「金色の象」

岩瀬成子:作
北見葉胡:絵

2001年・偕成社刊

¥1260


ギャラリーの版画作品、モノクロ「金色の象」

挿し絵の一枚です。

2003年韓国版出版
トップ プロフィール ギャラリー 絵本 幼年童話 書籍 その他の仕事 情報 ブログ リンク