楽健法 天然酵母パン アーユルヴェーダ 東光寺 サイトマップ




 
楽健寺の天然酵母パンの本

panhyoushi_1024x768_2.jpg

新刊・楽健寺酵母でパンを焼く・農文協版発売


ブログ天然酵母パンのQ&A 


"朝日新聞" 08.02.04朝日新聞朝刊に紹介されました

楽健寺の天然酵母パンをどうぞ

楽健寺天然酵母パン
1974年創業
から日本中にひろがった天然酵母パン


coupleweb.jpg
ゆっこ先生     ゆうげん先生

楽健寺 〒577-0032 東大阪市御厨2丁目4-32 電話と電紙 06-6788-6478

パン工房 〒577-0032 東大阪市御厨西ノ町1丁目4-23 電話だけ 06-6781-7003



天然生活2007年7月号に掲載されました




 山内 幸子 

ソフトな感じで撮影されて、とてもうれしいでーす!

 



★天然酵母パンづくりはわたしの生き甲斐です★

パン作りの参考写真

 


♪♪!パンの花のかおりを楽しむ♪♪

 

楽健寺の天然酵母パンのかおりはまるで花のようなのです。

  

 

楽健寺の天然酵母パン工房、食パンの窯出し/山内幸子・【QV10にて写す】

 


 

 ◆ 天然酵母パンとはなんでしょうか? ◆

 

楽健寺の天然酵母パンは、酵母を果物(りんご)や野菜(にんじん)や穀物(玄米ご

はん)などを培養基にして醗酵させたものをパン種にしてつくる自然の恵みを利用し

たパンです。

パン種は上手にくり返して醗酵させていきますと、何年にもわたってつづけていけま

す。楽健寺では昭和49年4月にパン工房を発足しましたが、研究段階の47年から

同じパン種をくり返し培養しつづけて30年にわたって元気で醗酵を続けています。

 

初期の頃にくらべると酸味がへって、醗酵もいっそう安定し、よりおいしくよくふく

れるようになってきています。

上達とは慣れるということですね。くりかえし醗酵していますと環境全体が酵母菌で

で満たされ、醗酵がますます安定してくるのです。

 

いまだから結果としてそういえるわけですがパン工房発足当時はいろいろ苦労しまし

た。まだ自然食品ということばもあまり知られていない時代でした。高価な顕微鏡な

ど買込んで宥厳さんは研究にもっぱらでした。

 

しかし、失敗することもおおくて、朝から真夜中までかかりっきりなんてことも、な

んどもありました。愛犬のアン(シェパード)にやったら、固くて投げだしたりして

おもちゃにしたりするようなパンになることもありました。30年もやってまし

たら、どうしてあんな失敗があったのか不思議に思いますね。

いまでもまったくおなじことをやってるだけなんですから。

 

マスコミにもずいぶんとりあげられました。{参考・朝日新聞記事

うえやまとち・さんのクッキングパパ31巻(講談社)でも

楽健寺の天然酵母パンがまんがになってとりあげられています。



2007年7月に新しい編集で、「心をこめて作ろう天然酵母パン《というクッキングパパが

新発売されコンビニで買えます。トップに楽健寺の天然酵母パンが掲載されています。

そのレシピのページを下に入れておきます。

☆☆☆ これを教科書にしてつくるひともおおいですね。☆☆☆ 

cookingpapa.jpg


クッキングパパは現在絶版になっていますが

アマゾンで古本が買えます
 

うえやまとち クッキングパパ31巻 講談社 天然酵母パン

  

これを読みながら小学生でちゃんと天然酵母パンをつくってる子もたくさん

いるみたいですよ。最近は45分ぐらいで醗酵させたインスタントなパンまで

天然酵母パンというなまえで売られていますが、醗酵学的な立場からいえば

あれはインスタントな模造天然酵母パンなんですね。

 

天然酵母パンの味は酵母を自家培養して、一次醗酵も二次醗酵もそれぞれ

2時間10分以上かけないと、深い味わいは出ないし、醗酵食品のパンとは

言えないのです。天然酵母パンは台所のエコロジーなんです。

みなさんも、ご自分で天然酵母パンをつくって楽しんでほしいですね。

 


よもぎのはいった天然酵母パン

 

 

食パンは基本であり目標にするパンですね!

  

楽健寺ではパンの製法を公開して、パン教室を開いてきました。

ご自分でつくってくださいというのが楽健寺の方針です。

現在はパン種を購入してくれた方には、パン作りでわからないと

電話による指導(カスタマー相談)をやっています。

天然酵母パンをたくさんのひとが欲しがってくれても私たちの細腕で

やれる数量は限られていますから……買って食べようなどと思わないで

自分で作ってくださいね。

 

参考資料/楽健寺の天然酵母パン4半世紀へ東光寺だより9号

参考資料/楽健寺の天然酵母パン4半世紀(2)へ東光寺だより10号

参考資料/ホームベーカリーで焼く天然酵母パン東光寺だより23号

(麺麭)パンの思想 長文のパンをめぐるエッセイ=上の文章も含まれています


 

楽健寺の天然酵母パンを食べてみたいかた、

じぶんでつくってみたいかたへ

自動パン焼き器でも楽健寺の天然酵母パンが作れます。

チャレンジしましょう!

  

パンとパン種の購入方法 

 


 

楽健寺の天然酵母パンとパン種

  

●楽健寺の天然酵母パンは毎週月曜日に作って当日発送しています。

楽健寺 〒577-0032 東大阪市御厨2丁目4-32 電話と電紙 06-6788-6478

パン工房 〒577-0032 東大阪市御厨西ノ町1丁目4-23 電話だけ 06-6781-70
03
 

パンとパン種のご注文は電話かファックスで

パン工房案内地図

電話と電紙 06ー6788ー6478

へ土曜日夕方までに入れてください。月曜にお送りできます。

日曜日にご注文いただいた場合、ファックスが見られませんので

1週間、遅れになることがあります。

お急ぎのかたは月曜日はパン工房へ直接、午前中に電話していた

だくと夕方に発送が可能です。

パン各種詰め合わせセット・5500円(割安)「送料共《月曜発送。

「短時間のあいだにたくさん荷造りをしなくてはなりませんので、小口

の注文には対応できかねます。共同購入などでセットをご注文ください《

食パン、ブドウパン ライ麦パン  全粒粉パン ヨモギパン プチパン 

など、、、割安設定です。

●● 

楽健寺天然酵母パン種(レシピ共)は「3000円・送料別《で月曜に発送いたします。 

天然酵母パン種は、リンゴ、人参、長薯、玄米ご飯をジュースにし

て醗酵させるもので、一度ご購入していただくと、ながく繰り返し

て天然酵母パンをつくることが出来ます。

少量のパンと一緒にお送りすることもできます。

●●●

楽健寺の天然酵母パンはレシピを読みながら独習でつくれますが、

楽健法の本と合わせてお読みいただくと理解がよりふかまります。

 

パン種をお求めいただいた方には、電話によるお問い合わせでフォローさせていただきます。 

パン作り質問の電話 06-6788-6478 山内幸子まで

月曜日はこちらへ電話 06-6781-7003 ファックスなし(パン工房) 

メールでも注文できます メール 

  


 

楽健法のDVD,ビデオ、天然酵母パン作り、共生浄土などの本

楽健法のDVDが出来ました 代引き6400円


 ご注文いただいたら東光寺から直送します。

二人ヨーガ楽健法(長期の人気本・自家版) 山内宥厳著 2290円送料共

この本は農文協から発売中 amazonからも購入できます

 

 楽健法経(東方出版)山内宥厳著 本は品切れ 英語 ・ スペイン語ネットで読めます。


  詩集・共生浄土(編集工房ノア)山内宥厳著 2290円 送料共 

 ☆クッキングパパ31(講談社)うえやまとち著  アマゾンで古本が購入できます


 先に振り込みの方は以下へ。

  郵便振替【01020-8-71142 東光寺】へ 

  


注文質問感想などお寄せください

なまえ・name:
e-mail:
住所と電話:

メッセージ: 注文の方は郵便番号、電話も忘れずに書いてください






2008年3月1日6:30〜8:00 ABCTVから楽健寺の天然酵母パンが紹介されました







撮影は10時ごろから4時過ぎまでかかりました。放映時間は6分ほど




目次へ