topへ戻る


HTMLのコーディングチェック

ウェルカムページ: | #目次 | 更新歴 |


HTML 2.0からはSGMLベースで、パラグラフと見出し・リスト等のパラグラフ様要素か らなる区域構造が基本です。見栄えだけでHTMLを始めたら正しい構造理解は難しく、 CSS導入ではより区域構造が重要です。考え方という山を、メールも装備し、登ってみ ます。< ウェブ制作ヒント>< 如何なるブラウザでも、閲覧可能に>< ハイパーテキストの様式>で全体像を、また ウェブを取り巻く状況:話題提供(FYI)(FYI0022 よく尋ねられる、学校のための検討事項など)も翻訳しています。

sgmlベース   多様化と混乱              国際化と構造体裁分離・スタイル    
                      + WAIガイドライン              
<HTML 2.0> ----------------- [W3C HTML 3.2] ---------------- [W3C HTML 4.0]
     | <---- 国際化への試みとstyle sheet言及                        |    
<HTML 2.x = HTML 2.0 + i18n>------ i18n --------------------------->--+    

*−*−* 去来抄 不易流行: 区域構造と滝状直列的様式規則集 *−*−*
パラグラフ・識別情報(要素)・区域構造・用語 | WAI資料 | & | 公開講座(村上)

[ネチケット]
[基本の FYI]
[508条FAQ]
[ファイル添付・交換] [MIMEへの道] [メール関連のRFC翻訳]
[HTMLのレベル選択] [文書文字コード指定] [FONTの弊害は]
[スタイルシートの意味付け] [SGMLとHTML:SGMLの知識]


#何故、DTDを知る必要があるのか

 HTMLエディターやコンバータがあるのに、[ 何故、DTDを知る必要がある]のかを考えてみます。

 日本語での資料、漢字コードのことなど紹介し、HTMLの基本構造の全体的イメージ が得られるようにしました。[ Another HTML-lint gateway](vector版)の公開は大変有用で、パラグラフへの喚起を促してくれ ます。是非、ここで検証しましょう。

 全体の構造の意味を知ってから進むのが応用が効いていいと思います。 HTML文書を建物に例えるなら、ブロック要素を積み重ねて垂直な建築物(HTML文書) を作ることです。各ブロック要素の中味はテキストとそれを修飾するもの(テキスト レベル要素)がきます。必ずブロックを作って積み重ねないと建物は倒れます。

ブロック要素は、その前後が一行空白になって(ブロック・ブリーク)表示されま す。普通の文章は、テキスト・レベルになりますから、そのまま建物に組み込まれま せん。建物はブロック要素という煉瓦の積み重ねで作っていかなければなりませんの で、文章はパラグラフ要素(P)と言うブロック要素で囲って煉瓦にしなければなり ません。

HTML作成にあたっては、まずWDGの解説から入るといいでしょう。

また、テキスト編集ソフト(テキストエディター)やHTMLエディターの欠点を知っておくことが大切です。


[WWWプレゼンテーション作成に関するリンク集から] by 中村忠能
[Webアクセスを考える会(TWAJ)]

このリンク集は、私(自身視覚障害者)がどのような環境でも認識できるWWWプレゼ ンテーション作成を目指し、HyperText Markup Language(以下HTML)等を学習す るに当たって、参考にさせていただいているWWWプレゼンテーションへのものです。

私自身、現在学習中ですが、視覚障害者としての経験上アクセシビリティに関しては いろいろと示唆できるかと思います(汗)。少なくとも IMG要素には ALT属性を付 け、適切な代替えテキストを使用し、新しい技術(ジャバスクリプトやフレームを含 む)には、適切な代用要素を用いて少なくとも内容は伝わるように、そしてこれは一 番注意していただきたいことですが、ソースにはミスがないように書いていただきた いと思います。このソースのミスは音声ブラウザを含めて、致命的なエラーとなるこ とがありえます。

現状、ソフトが仕様書に基づいて作成しない限り、また手直しが簡単にできるように なるためにも、どちらにしてもWWWプレゼンテーション作者にはHTMLの正しい知識が必 須であり、現状これらのソフトだけに頼ることは気づかない間に仕様に違反すHTMLを 書く可能性を高めているのです。この気づかない間というのが一番の問題であると思 います。好きで間違ったHTMLを書く方はいないでしょうから。今後のこれらのソフト が、仕様書に則ったコードを出力できるようになることを強く望みます。


#^目次へ


#W3CとWDGの活動

 W3CはHTMLの公的な仕様を作成し指針として公開しています。一方、ウェブ・デザイン・グループ(WDG)は分かりやすい解説で公的な仕様書の理解を助ける活発な活動をしています。HTML 3.2仕様書を通して、HTMLの意味を考えてみます。

W3C Translations Overview]から、W3C文書の翻訳状況がみられます。

1.HTML 3.2参考仕様書を読む


2.事例を見る:「HTML書式のメモ」からもリンク

#^目次へ


#HTML基本文書:日本語版と翻訳を含む

1. HTML基本のHTML 2.0と国際化を目指すHTML 2.x

1. HTML 2.0(RFC1866 HTML版)

DTDの用語やマーク区間などの意味を知る上で大切な基本です。

2. HTML 2.x (internationalization=i18n : nternationalizatio=18)

国際化にとって、WWWサーバがtext/htmlのcharsetパラメタを設定するのが本来の姿ですと言い、その補足手段としてのMETA情報の意味などへ言及。

#^目次へ


2.Web Design Group(ウェブ・デザイン・グループ)

 Web Design GroupはW3C仕様書を基本に据え、その解説及び多くの文字コード化をサポートするWDG Validator(検証サービス)も提供している積極的なグループで、日本でもっと知られていいと思い、このサイトから文書の翻訳を試みています。

#^目次へ


3. Introducing HTML 3.2(W3C HTML 3.2紹介)

#^目次へ


4. Project: Cougar(W3C HTML 4.0プロジェクト)

 スクリーン・音声ブラウザ・テキスト用ブラウザでアクセスできるようにとHTML 4.0では考慮され、上記の機能が導入されました。この新機能とWAIガイドラインに従うことで、あらゆる人がよりよくアクセスできることになります。また国際化という視点からみると十六進法文字参照をサポートし、HTML 4.0宣言なら、JISを含めて様々な文字コード化で検証(例、WDG validator)できます。

#^目次へ


5.HTMLを補う:様式・WAI=UD指針・スタイルシート

1. 書き方:統一した様式(スタイル)

正しい構造文法だけでも十分でなく、書き方にも工夫が必要です。

2. アクセシビリティ(易接近性)

accessible:アクセシブル
(・・の手段で)接近[到達・入手・達成・入場・面会・照合・利用]可能な

前のセクションで「HTML 4.0の改良点とアクセス性+WAIガイドライン」となっていますが、このセクションはWAIガイドラインと体裁(スタイル)を受け持つスタイルシートの両者についての考え方と資料です。公的・教育機関では、W3C指針の適合度"ダブルA"(AA)のページが求められます。

リンク集
Designing More Usable Web Sites][Accessibility Issues
#1 W3CのWAI

<移動接近小型情報端末機器用>
[W3C User Interface Domain:Mobile Access]

  1. 小型情報機器用コンパクトHTML(W3C NOTE)
  2. [Another HTML-lint : Notice] by k16
  3. [モバイルアクセス向け HTML 4.0 ガイドライン(W3C NOTE)] <by Teramoto>
  4. [XHTML Basic(W3Cワーキング・ドラフト)]<by Sugimura>
  5. [CSS モバイルプロファイル 1.0] by Sugimura

#2 市民の権利という視点1:政策としてのアクセシビリティ

アメリカ型モデルは、「ADA 障害をもつアメリカ国民法」が基本で、広井良典著 「遺伝子の技術、遺伝子の思想 医療の変容と高齢化社会」(中公新書)が参考になります。


上記著書の第四章の「障害をめぐる理念と政策の国際比較」から:

 ここでキーポイントになるのは、「機会の平等」と「結果の平等」という対 立とこれと表裏の関係にある「能力主義」の位置付けである。こうした対立軸 を中心に欧米の「障害」問題に対する理念と政策を大きく二つの流れ(「アメ リカ型モデル」及び「北欧・イギリス型モデル」)に整理したのが表4・2であ る。
 まず、問題に対するアメリカの理念と政策の方向はきわめて明快である。そ れは「機会の平等」と「能力主義」ということで一貫している。先にもふれた ように、現在のアメリカの障害政策の基本となるものは1990年に成立した「障 害をもつアメリカ国民法(ADA法)」であり、 これは、・・・・・


以上の主旨に基づいて、雇用・交通機関=公共施設・電気通信といった領域でアクセスの平等と機会平等を認めた法律がADAです。

#3 市民の権利という視点2:ユニバーサルデザインという考え方
--健常者と非健常者の区切りでなくて、連続性に視点をおいた包括的な考え方で--
--単に障壁除去の発想ではなく、人生を通じて一般生活が可能になる環境を作る--

人の寿命(life span)は、延びました。ユニバーサル・デザインが目指す意味は、 "age in place" over the life cycleを可能にすることで、在宅介護の基盤作りに も通じる設計思想です。一方、ノーマライゼイションという考え方が欧州を中心に あります。それとの関連をも念頭において、ロン・メイス氏提唱の万人に共通の設 計や共用品について、氏の講演を直接じっくり読んでみることも大切と思います。


The Center for Universal Design Home page

[ロン・メイス] から:
彼は「ユニバーサル・デザイン="universal design"」という用語を新しく作りだ し、年齢・能力・人生の状態に関わりなく全ての人にとって製品や建築環境全てが、 美しく出来るだけ広い領域で利用しやすいものであるように設計する、という考え方 を表明しています。また、彼は障害者の権利の擁護にも一身を捧げ、自分の仕事に反 映しています。

[ユニバーサル・デザインの全体像の理解] から:
この領域の経験者や新規参入者からしばしば尋ねられることの一つは、障壁排除 (バリアフリー)・万人に共通の設計(ユニバーサル・デザイン)と支援技術の用 語・定義・相違についての私の感じ方についてです。まず、これら三つの相違につい て我々は知っておくことが重要だ、というのは我々は社会に出向いてこれらの捕え難 いが重要な相違を企業やその他の人に理解してもらうことを助けることができるの で、と思います。相違が混乱している場合、そのメッセージが漠然としたものになっ てしまいます。

[全ての人が享受する、住居の万人に共通の設計の恩恵] から:
家族全員が、日常活動で無理がすくない安全住居から、恩恵をうけます。移動や家族 の画一化という感情的・経済的なコストに直面することなく、家族は一緒に好きな場 所で生活できます。世帯は、かなりの改築費用なく、人生を通して同じ所で年老いて も生活できます(Households can "age in place" over the life cycle without incurring significant remodeling expenses)。

ユニバーサル・デザイン特質は自明なのですが、これらの機能特質を求める消費者は 必ずしも多くなく、というのはこれらの機能特質から恩恵を受けることができる多く の人は−−大部分の私達もそうで−−それについて考えたことがないからです。殆ど の私達は利用しにくい環境に順応できます−−しかし、何故順応しなければならない のでしょう?


  1. [NC STATE UNIVERSITY | school of design]
    [Text Only Version(index)]:
    [Director of Research and Sponsored Programs]
    [Text Only Version(tresearch)]
  2. Trace Research and Development Center
  3. Adaptive Environments Center Index Page

活動の中心となるサイトでは、テキスト版とグラフィック版を用意しているサイトが多いことに注目してください。

  1. 郵政省:通信政策
  2. 総務庁ホームページ
  3. 厚生省:[ノーマライゼーション7か年戦略〜
  4. 財団法人共用品推進機構ホームページ

3. W3C Cascading Style Sheets(W3C滝状直列的な様式規則集)

#^目次へ


6. アーカイブ

1. 入手できるアーカイブ(日本語訳)

ファイル配置図

2. 解凍ソフトや漢字コード変換ソフト

#^目次へ


#SGML/XML 記述言語SGML/SGMLサブセットXML

The SGML/XML Web Page - Home Page

HTMLは、SGMLをベースにしたアプリケーションです。DTDが決められていてそれに従って記載しなければなりません。SGMLは記述言語で、各自がDTDを記載してSGMLベース・アプリケーションを作れます。同じ記述言語でSGMLの簡潔版がXMLで、SGMLのサブセットになります。一般の人が実際お目にかかるのはXMLベース・アプリケーションで、HTMLと同じように決められたDTDに従って記載します。HTML(SGMLベース・アプリケーション)をXHTML(XMLベース・アプリケーション)にして使う方向も出てきています。HTMLの存在価値については、 [はじめに−パラグラフ・識別情報(要素)・ブロック構造・用語について]で言及しています。"HTML for global markup"(領域を問わない広範汎用マーク付けとしてのHTML)と "XML for community-specific markup"(ある領域・何々界での詳しい特異的なマー ク付けとしてのXML)と言う表現は、適切で理解の足掛りになります。

メタ(meta)
アプリケーション(application)
コンピューターによる実務処理などに適した特定の業務
(ランダムハウス英和大辞典)
global:地球規模
及ぶ範囲(規模)が地球的・世界的である。
言葉の意味を支える文脈の共通性が緊密でなく、構造的なマーク付けに基盤をおく。
community:共同体
共通の意識に支えられた集団を意味する。
共通の特質・利益・職業を持った人の社会・界(通常:the community)
言葉の意味を支える文脈の共通性がより緊密である。意味論的なマーク付けもでき る。

1. 次世代への概観


「XMLによるHTMLの再定式化」から要約

SGMLはマーク付け言語を記載するための言語で、殊に電子文書交換・文書管理・文書印刷において使用され、豊富な機能と柔軟性を兼ね備え、1980年半ばからあり安定したものです。しかし、複雑なために一般に普及しませんでした。

科学やその他の技術文書の交換用で、文書専門家でない人も使える言語ということで、SGMLの複雑さを回避したHTMLが発案されました。その使いやすさが急速な普及をもたらしましが、色々な新しい要素がバラバラに導入されて、互換性が保てないないという本質に関わる問題が生じました。互換性を保つなどのために、W3Cの基準やWAIガイドラインが発案され、スタイル・シートも導入されるようになりました。

さらにSGMLの多くの複雑性をなくし、強力性と柔軟性を持っているXMLが発案されました。SGMLの限定型ですが、SGMLの強力性と機能の豊富さの多くを保ち、SGMLでよく使われる機能は全て保っています。


目的によって使い分ける時代なのかもしれません。使いやすいというHTMLの利点とW3C+WAI+スタイルシートで適切な降格化(低均化)をはかるHTMLは、互換性を保ち且つ一般の文書専門家でない人にとっても使える有効且つ有益な手段と思います。前半部分はこのW3C+WAI+スタイルシートのHTMLの資料を上げてきました。

<HTML Working Group Roadmap>

2. Extensible Markup Language (XML)(SGMLサブセット)

この項目は、主にXML関連の他サイトへのリンク集です。

#1 XML 1.0

#2 XMLベース・アプリケーション


1.3 XHTMLは何故必要なのか?

内容開発者がXHTMLを採用するのには、主な理由が二つあります:

まず、XHTMLは拡張できるように設計されています。この拡張性は、文書は文法規則に従って生成される(適格性)というXMLの必須条件からきています。SGMLの下では、新しい要素群の追加は、DTD全体の置き代えを意味しています。XMLベースDTDで必要なことは、既存のDTDに追加されるために、新しい要素セットは内部的に統一性と適格性があることだけです。要素の新しい集まりの開発や統合が非常に容易になります。

二番目は、XHTMLは移動(携帯)できるように設計されています。インターネット文書へのアクセスに非デスクトップの使用が増加するでしょう。推定によると、2002年までにインターネット文書閲覧の75%はこれら代替プラットフォームから行われると言われています。大概これらのプラットフォームはデスクトップ・プラットフォームが持つコンピュータ能力を持たなく、不適格(非文法的)なHTMLを受け入れるように、現在の表示代行手段はそうしますが、設計されていません。実際、表示代行手段が適格なXHTMLを受け取らない場合、ただ文書を表示しないかもしれません。

「XMLによるHTMLの再定式化」から引用


#3 XMLを補うもの:スタイルシート・リンク・要素組み込み等

3. Overview of SGML Resources(W3C)

#^目次へ


#HTTPと関連基盤(TCP/IP・PPP)

HTTP

関連

#^目次へ


#RFCとその翻訳化

RFC引用書式

メールに関連するRFCの翻訳です。まず、用語や仕様書共通のメタ言語である Backus-Naur Form(BNF)とその拡張であるABNFの資料からみておきます。

[RFC引用]はこの書式で表現されています:

####  Title of RFC.  Author 1, Author 2, Author 3.  Issue date.
      (Format: ASCII) (Obsoletes xxx) (Obsoleted by xxx) (Updates xxx)
      (Updated by xxx) (Also FYI ####)
  1. 用語
  2. 文字簡略記憶(コード)&文字セット
  3. 構文仕様書用のメタ言語
  4. 関連アーカイブ

テキストメールと7ビット日本語コード系(ISO-2022-JP)

テキストメールからMIME化(構造化と符号化)へ

  1. Newsletters by 山本和彦
    メールの全体像が簡潔にまとめてあります。
  2. MIME概要
    テキストメッセージの拡張(MIME化)への歩み

簡潔なメール転送手順とその拡張:SMTPとESMTP

安全性

  1. RFC2196
    [サイトセキュリティハンドブック] by 宮川 寧夫
  2. RFC2504
    [ユーザーズ セキュリティ ハンドブック] by 宮川 寧夫
    上記のサイトセキュリティハンドブック(SSH)の姉妹編です。

ネット上での礼儀

RFCの翻訳リンク集と主要RFC一覧

ML名称:rfc-jpML/RFC日本語版翻訳公開班 から、
(RFC 日本語化の効果)
もしもすべての RFC や Internet-Draft がある程度の品質を保
って日本語化されていたならば、日本人が RFC を記述したり
RFC に準拠したソフトウェア/ハードウェアを開発する際に参
考になると思う。また、インターネットに興味を持つ学生らに
とってもインターネットの基本部分を理解する上で大いに参考
になるのではないかと思う。

#^目次へ


#個人などの公開Webページ

#^目次へ


#関連資料

1.本を探す

#^目次へ


2.検索

#^目次へ


3.インターネット入門と電子メール

#^目次へ


4.モデム関連

#^目次へ


5.日本語対応検証サービスも

 全てのブラウザがメタ情報のcharset=EUC-JPを判読できるなら、英語版サービスが受けられます。英語版は、公開性を以下の引用の様にはっきり打ち出していて便利です。

 W3C validation から
 このページに--例えば、この検証の結果--リンクを作り将来ページの再検証や他のページも検証を容易にしたいなら、URLは:
http://validator.w3.org/check?url=http://www.asahi-net.or.jp/
%7ebd9y-ktu/kokugo_f/seikatsu_e.html;outline;ss

 一方我々の共通な問題である見出し要素の使い方の不得手に対して、アウトライン・チェックをサポートしたサービスが必要のようです。

検証サービスの特色

#^目次へ


6.二千年問題の本質

二千年問題の本質はなんだったのか、をみるのに適したサイトです。

#^目次へ


7.ウェブ・ページの活用

21世紀

テキスト・ブラウザ等のことも考えて

テキストの構造強化の試み

#^目次へ


8.日本語:分かりやすく、論理的に

 Webページのことを調べていくうちに、最後には日本語のことに至りました。見 出しタグ(Hn)とパラグラフ・タグ(normal P)の使い方に馴染まない原因が、 ここにあると思います。

#^目次へ


#アクセス性をたかめる基本は

1.WAI資料:HTML 4.0アクセス性の改善

全ての人により良く

身の回りでのアクセス性の改善への努力(車椅子用スロープ・ガード壁など) は、障害のある人のみならず広くコミュニティに利益をもたらします:乳母車を 引く親やサイクリンをする人は同種の改善にどんなに感謝していることでしょ う。アクセス性改革からの恩恵は、他の状況でも同じことで一般化できます:

「WAI資料:HTML 4.0アクセス性の改善」からの引用

2.ウェブ内容アクセス指針

 一つのブラウザではなく多くの人に見える様にデザインすることが、より大切なことです。それには、次の三点を心に止めておきましょう。

  1. 基本構造にそってマーク付けをして、文書をデザインし、
  2. 基本構造としては、W3C勧告とWAIガイドラインに沿い、適切に降格化し、
  3. 文書の構造を検証(SGML・リント=綿屑・閲覧テスト=WAI)しておけば、

 これで文書は多くの人に見え、ブラウザが更新されても大丈夫です。

 基本構造の原理はシンプルなものです。日本語版もありますので、仕様書に目 を通し文書を検証してみれば、必ず正しい文書が書けるようになると思います。

HTML 4.0 仕様書 19.1  文書検証へ

#HTML検証例
[W3C validator][HTML 3.2:EUC-JP]
#アクセス性チェック例
[accessiblity check]

Bobbyのコメントのように、アクセシビリティ・チェッカーは限界( Bobby報告)がありますので、考え方を理解して おく必要があります。

3.WAI適合度のロゴマーク

 以上のようにチェックし、WAI適合度の[ ロゴマーク]で、総合的なア クセスしやすさの程度を表示します。タブルA(AA)が一つの基準で、公的機関 や教育機関ではこれを守ることが一般的になってきます。

 このページは、ここまでに至る過程で必要な考え方や手段に ついての山登りを続けてきました。ここが頂上で、"Here we are"。今後しばらく は、装備技術の進歩普及は急速かもしれませんが、"HTML for global markup"と 言う立場の「HTML 4.0」に「WCAG 1.0 + CSS1」という装備で山を登ることになり ます。

Level Double-A conformance icon, W3C-WAI Web Content Accessibility Guidelines 1.0 [D-link]

4.全体像を把握するために

全体像を掴んでおくことは、非常に大切なことで、個々の技術をどう生かしてい くべきかを理解する王道です。ここに全体像を掴むのに非常に有益な三つのサイ トを紹介しますが、三者とも解説説明が大変簡潔なサイトです。

_引用 on
World Wide Webに関する多様なトピックを通して、WWWの意義と社会的役割についてみなさんといっしょに考えていきたいと思います。
_引用 off

_引用 on
古瀬ゼミ私家版HTMLチュートリアル
本文書は立教大学社会学部産業関係学科・古瀬ゼミ私家版のHTMLチュートリアルである。本来はSGMLおよびHTML 4.0のDTDの解説から行うべきかもしれないが、入門編であることを重視し、専門的で、詳しすぎる情報については書かない。
_引用 off

_引用 on
1-2.インターネットの役割
インターネットが場所的空間の隔たりを埋めるという事実は、健常者にとっても便利 ですが、それ以上に体が不自由な方々にこそ、その利便性が発揮されて然るべきで す。96年末に出された『95年障害者白書』は、現在障害者にとって以下の四つの障壁 が存在していると指摘します。

1. 物理的な障壁(道路や交通機関、トイレなど)
2. 制度的な障壁(就学や就職、資格試験などに関するもの)
3. 文化・情報面での障壁(主として視覚、聴覚障害者らに対するもの)
4. 意識上の障壁(無関心や過度の「あわれみ」など)

上記の障壁の内、1から3までの障壁は、このインターネットによって多くの問題が解 決され、それを打ち破っていく可能性がありました。ところがインターネットは今、 逆の方向へ向かっているように見えます。とくに3の「文化・情報に対する障壁」は このインターネット上では大きな問題となっています。

そこでそれを修正しようとする動きが98年に起こりました。World Wide Web Consortium(以下W3C)内の Web Accessibility Initiative(以下WAI)が1998年2 月3日に発表した「Accessbility Guideline」がそれです。それは健常者と障害者の 情報の共有化を推進し、更には障害者や高齢者の社会参加への機会を拡げていく上で 大きな効果を発揮していくものと期待されています。ですから私としては、このW3C の推奨するこの案に従い、ホームページ制作に反映できるような形で、以下少しばか り試論を展開してみたいと思います。
_引用 off

_引用 on
万人に共通の設計(ユニバーサール・デザイン)とは、全ての人が、付属物や特別に 工夫された設計でなくても、出来るだけ広い領域で利用可能な、製品や環境(状況) 設計のことです。
_引用 off

#^目次へ


#.ウェブを取り巻く状況

インターネットの時代だから自分の風景を作るのに書籍の重みが厳然としてありま す。また、まとめとして様々な角度から眺めてみます。

[以下の項目がその内容です。]
  1. 心のアクセシビリティ
  2. 共通基準設定(WCAG1.0)とHTML 4.0関連資源の普及
  3. まとめ
    • ここまで見て下さった方々へ
    • スタイルシートへ発展
    • 派生作品などについて
    • <快適なインターネット交流のために>
       − 学校での基本的リテラシー −
      * FYI よく尋ねられる、学校のための検討事項
      * FYI 小中学校のインターネット利用者からの、
            よくある質問への回答
      1. FYI(For Your Information)とは
      2. その他の情報

#^目次へ





「あなたはコンピューターを理解していますか?」 梅津信幸 (技術評論社)
「コンピュータが中で何をしているかなんて考えたこともなかったな。」そういう人にぜひ本書をおすすめします。根っこの部分をきっちり理解することこそ、コンピュータ全体を見渡せるようになるための重要な鍵が潜んでいます。コンピュータを理解するとはこの点を押えているべき、この感覚を身につけているべき、このスタンスを取っているべき、という項目に絞り、比喩を交えてわかりやすく面白く解説しています。



このサイトの文書の配布及び派生的作品(内容変更・抜粋等)は、インターネット等 の普及に役立つなら、自由におこなってください。但し、一般的所有権常識に沿い、 また翻訳文書で原著に知的所有権が記載されているものはその記載に沿ってご利用下 さい。


このサイトの文書は全て、自由にリンクされて結構です。
ISO-2022-JP Japanese (JIS) LF 版インデックスページで、
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">
URL:http://www.asahi-net.or.jp/‾bd9y-ktu/htmlrel_f/
加藤泰孝 Yasutaka Kato
最終更新:08.04.21