中盤講座

最終更新日 2000.11.15

勝ち方の基本

ここでは、思いついた順にコラム形式で短く書いていきたいと思います。
何か役に立つことがあれば幸いです。



2. コンピューターソフトのラインの評価1 (2000.11.28)

前回の辺の話が好評だったので、その続きです。
相変わらず、ドイツ語はさっぱり読めないので表とグラフと
友達にひいてもらった単語が手がかりです。
さて、今回は注目するラインです。

さて、斜めラインは以下の5パターンの左右対称形です。


1.
\A B C D E F G H
1−−○−−−−−
2−○−−−−−−
3○−−−−−−−
4−−−−−−−−
5−−−−−−−−
6−−−−−−−−
7−−−−−−−−
8−−−−−−−−
2.
\A B C D E F G H
1−−−○−−−−
2−−○−−−−−
3−○−−−−−−
4○−−−−−−−
5−−−−−−−−
6−−−−−−−−
7−−−−−−−−
8−−−−−−−−
3.
\A B C D E F G H
1−−−−○−−−
2−−−○−−−−
3−−○−−−−−
4−○−−−−−−
5○−−−−−−−
6−−−−−−−−
7−−−−−−−−
8−−−−−−−−
4.
\A B C D E F G H
1−−−−−○−−
2−−−−○−−−
3−−−○−−−−
4−−○−−−−−
5−○−−−−−−
6○−−−−−−−
7−−−−−−−−
8−−−−−−−−
5.
\A B C D E F G H
1−−−−−−○−
2−−−−−○−−
3−−−−○−−−
4−−−○−−−−
5−−○−−−−−
6−○−−−−−−
7○−−−−−−−
8−−−−−−−−
6.
\A B C D E F G H
1−−−−−−−○
2−−−−−−○−
3−−−−−○−−
4−−−−○−−−
5−−−○−−−−
6−−○−−−−−
7−○−−−−−−
8○−−−−−−−


コンピューターソフトはこれらのパターンをについて、
重み付けをしてその合計として評価を行うのが一般的です。
たとえば、序盤では1のラインを重要視して、終盤では5のパターンの
ラインを重要視する、という具合です。



では、序盤、中盤、終盤ではどのラインパターンが重要視されているのでしょう。

重視するライン1 重視するライン2 重視するライン3
序盤
中盤 2、6
終盤 3、4


この結果についてはあまりコメントできないのですが、
いくつか思ったこと。


・1のパターンが重要視されているのではなく、C打ちと星打ちを
評価の重要性から順位が高いのではないか。
・3のパターンが割と重視されているのは、図のC3、つまりどっちが星を
打てるようにするかどうか、が重要なのか。
・中盤における6のパターン(ライン)は人間の感性にもあっている。
・終盤の3、4パターンの重視は終盤では隅および星と言った手が残ることが
多いので、3、4パターンの石は確定石になりうる確率が高いのでは。

といったところです。まだまだ自分の腕前も低いのでこの程度しか
推測できないのですが、高段者がみたらまた違う見解をもつかもしれませんね

え、ぜんぜん講座になってないって・・・?





1. コンピューターソフトの辺の評価 (2000.11.15)

たぶんこのページを見た人のほとんどはWzebraとかLogistelloとか
いってもなんのことだかわかりますよね。
このようなソフトはどのように辺の形のよい・悪いを見ているのでしょうか。

答えは統計的に、です。昔のコンピューターソフトは人間が
よい、悪いを教えていましたが、最近ではコンピューター同士に
対戦させて、勝ち負けとそのときにでた辺の形との相関を記録するのです。

ここから本題
Logistelloの作者M. Buro氏の論文を読んでみると辺の評価の一例として
次のようなのが載ってました。いくつかだけ紹介します。

1. 白割って入った?
\ABCDEFGH
1●○●+++++
2++++++++

2. ご存じウィング
\ABCDEFGH
1+●●●●●++
2++++++++

3. 黒なかをいっぱいとられました
\ABCDEFGH
1●○○○○●++
2++++++++

さて、これらの辺の評価はどうでしょう。
答えは、上から順に良いと判断されています。

なかでも、1は数ある辺のパターンの中でトップクラスのよい評価を得ています。
逆に、黒にとって3.は非常に悪い評価で、ウィング以下です。
人間の感覚ではさほど有利に見えない1.がかなりの良い評価を得ているのです。

ということは・・・・

白にとって1の様な形で間に割ってはいるのはたいへ ん良くない
ということです。(この評価法に従えば)
人間にとってはどうでしょう????