CyberLibrarian

【注意】 このドキュメントは、W3CのRDFa Lite 1.1 W3C Recommendation 07 June 2012の和訳です。
このドキュメントの正式版はW3Cのサイト上にある英語版であり、このドキュメントには翻訳に起因する誤りがありえます。誤訳、誤植などのご指摘は、訳者までお願い致します。

First Update: 2012年06月26日 | セマンティック・ウェブ関連用語集


W3C

RDFa Lite 1.1

W3C勧告 2012年6月7日

本バージョン:
http://www.w3.org/TR/2012/REC-rdfa-lite-20120607/
最新バージョン:
http://www.w3.org/TR/rdfa-lite/
旧バージョン:
http://www.w3.org/TR/2012/PR-rdfa-lite-20120508/
編集者:
Manu Sporny, Digital Bazaar, Inc.

このドキュメントに対する正誤表を参照してください。いくつかの規範的な修正が含まれているかもしれません。

このドキュメントには、勧告案との差分ポストスクリプト版PDF版という非規範形式もあります。

この仕様の英語版のみが規範的なバージョンです。非規範的な翻訳も提供されている可能性があります。


要約

RDFa Liteは、RDFa(Resource Description Framework in attributes)の最小サブセットで、HTML、SVGやXMLなどのウェブ・ドキュメントで機械可読データを示すために使用できる小数の属性で構成されます。これによって高度なデータ・マークアップの課題が完全に解決されるわけではありませんが、ほとんどの日常的なニーズに対応しており、ほとんどのウェブ作成者は一日で学ぶことができます。

このドキュメントのステイタス

この項は、このドキュメントの公開時のステイタスについて記述しています。他のドキュメントがこのドキュメントに取って代わることがありえます。現行のW3Cの刊行物およびこの技術報告の最新の改訂版のリストは、http://www.w3.org/TR/のW3C技術報告インデックスにあります。

このドキュメントは、W3Cメンバー、ソフトウェア開発者、他のW3Cグループ、および他の利害関係者によりレビューされ、W3C勧告として管理者の協賛を得ました。これは確定済みドキュメントであり、参考資料として用いたり、別のドキュメントで引用することができます。勧告の作成におけるW3Cの役割は、仕様に注意を引き付け、広範囲な開発を促進することです。これによってウェブの機能性および相互運用性が増強されます。

このドキュメントは、RDF Web Applications Working Group、Vocabularies Community Group、HTML Working Group、およびグーグル、ヤフー、マイクロソフト、Yandexなどのschema.orgイニシアチブのスポンサーを含むW3Cの一連の議論の総決算です。これらの組織の代表によるレビューを受けており、その時点で合意を得ています。勧告案期間には変更は行なわれませんでした。勧告に移行するために管理者が使用する実装レポートが提供されています。

このドキュメントは、W3C RDF Web Applications Working Groupによって勧告として発表されました。このドキュメントに関してコメントを行いたい場合には、public-rdfa@w3.org購読アーカイブ)にお送りください。どのようなフィードバックでも歓迎します。

このドキュメントは、2004年2月5日のW3C特許方針の下で活動しているグループによって作成されました。W3Cは、このグループの成果物に関連するあらゆる特許の開示の公開リストを維持し、このページには特許の開示に関する指示も含まれています。不可欠な請求権(Essential Claim(s))を含んでいると思われる特許に関して実際に知っている人は、W3C特許方針の6項に従って情報を開示しなければなりません。

目次

1. はじめに

この項は非規範的です。

完全なRDFa構文[RDFA-CORE]は、HTMLやXMLドキュメントで、人や場所、出来事の関係などのかなり複雑に構造化されたデータを表現できる多くの基礎的そして高度な機能を提供します。これらの一部の高度な機能のせいで、構造化されたデータに詳しくない作者がRDFaを使用することが難しくなるかも知れません。この簡略版のRDFaは、自身のウェブ・ページでシンプルなデータを表現したいと考える作者を対象とした、構造化されたデータの世界へのより易しい入門書です。作者の8割にとって、学びやすく、シンプルなデータ・マークアップを行うために役に立つ最小サブセットを提供することを目標としています。

2. 属性

この項は非規範的です。

RDFa Liteは、vocabtypeofpropertyresourceprefixの5つのシンプルな属性で構成されています。RDFa 1.1 Liteは、RDFa 1.1の属性の全集合と完全に上位互換性があります。これは、作者にとってRDFa Liteが不十分であれば、既存のRDFa Liteマークアップにより強力なRDFa属性を追加するだけで完全版のRDFaへの移行が行えることを意味します。

2.1 vocab、typeof、property

Microformats[MICROFORMATS]やMicrodata[MICRODATA]と同じように、RDFaによって、我々が何を言っているかを機械が理解できるようにウェブ上の事物について述べることができるようになります。一般的に、事物について述べる場合には、特定の語彙を使用します。例えば、人について述べたい場合には、名前電話番号などの用語を指定できる語彙を使用します。ウェブ上の事物についてマークアップしたい場合も、これと非常に似ており、どの語彙を用いるかを明示する必要があります。以下は、パラグラフ内で事物をマークアップするために使用する語彙を指定するシンプルな例です。

<p vocab="http://schema.org/">
   My name is Manu Sporny and you can give me a ring via 1-800-555-0199.
</p>

この例では、使用する語彙http://schema.org/にあることを明示しています。これは、主な検索エンジン企業が、検索エンジンが関心を有するウェブ上の一般的な事物 ―人、場所、レビュー、レシピ、出来事など― について述べるために公表している語彙です。語彙を指定したなら、次に、述べている事物の種類を指定する必要があります。この特定のケースでは、人について述べているため、次のようにマークアップできます。

<p vocab="http://schema.org/" typeof="Person">
   My name is Manu Sporny and you can give me a ring via 1-800-555-0199.
</p>

これであとは、その人に関してどのようなプロパティーを指定したいかを検索エンジンに明示するだけです。次の例では、この人の名前、電話番号およびウェブ・ページをマークアップしています。RDFa Liteでは、テキストでもURLでもマークアップできます。次の例では、検索エンジンに対して指定しているデータの種類に特に注意してください。それは、青色で強調している部分です。

<p vocab="http://schema.org/" typeof="Person">
   My name is
   <span property="name">Manu Sporny</span>
   and you can give me a ring via
   <span property="telephone">1-800-555-0199</span>
   or visit 
   <a property="url" href="http://manu.sporny.org/">my homepage</a>.
</p>

これで、誰かが検索エンジンで「Manu Spornyの電話番号」と入力すれば、検索エンジンは質問に対する回答を直接示すか、より関連性が高いウェブ・ページを検索者に示すことができるようになります。

2.2 resource

あなたのページ内の個々の事物について、ウェブの作者が述べられるようにしたいならば、それらの事物に対して個々に識別子を付与する必要があります。HTMLでid属性を用いてページの部分に対して識別子を付与するのと同じように、resource属性を用いて、ページ内に記述されている事物に識別子を付与できます。

<p vocab="http://schema.org/" resource="#manu" typeof="Person">
   My name is
   <span property="name">Manu Sporny</span>
   and you can give me a ring via
   <span property="telephone">1-800-555-0199</span>.
   <img property="image" src="http://manu.sporny.org/images/manu.png" />
</p>

上記のマークアップがhttp://example.org/peopleにあると考えれば、事物の識別子はこのアドレスにresource属性の値を加えたものになります。したがって、ページ内の事物の識別子はhttp://example.org/people#manuとなるでしょう。この識別子は、別のウェブ・ページ上の同じ事物について話したい場合にも有用です。一意のURL(Uniform Resource Locator)を用いてウェブ上のすべての事物を識別することにより、事物のウェブを構築できるようになります。ウェブ用のソフトウェアの構築を行っている企業は、この事物のウェブを利用して、「Manu Spornyの電話番号は何番で、彼はどのような人か?」というような複雑な質問に答えることができるようになります。

2.3 prefix

事物について記述する時に、必要な用語がすべて語彙に備わっているとは限らない場合もあります。一部の作者に必要でありえるRDFa 1.1 Liteの最後の機能は、複数の語彙を指定する性能です。例えば、ある人について記述する際に、その人が好きな動物を飼っていることを明示する必要があれば、下記のようにできます。

<p vocab="http://schema.org/" prefix="ov: http://open.vocab.org/terms/" resource="#manu" typeof="Person">
   My name is
   <span property="name">Manu Sporny</span>
   and you can give me a ring via
   <span property="telephone">1-800-555-0199</span>.
   <img property="image" src="http://manu.sporny.org/images/manu.png" />
   My favorite animal is the <span property="ov:preferredAnimal">Liger</span>.
</p>

この例では、短縮形の接頭辞としてオープンな語彙(ov)を割り当て、その接頭辞を用いてpreferredAnimalという語彙の用語を指定しています。schema.orgには好きな動物を明確に表現する方法がないため、目的を果たすために、このような代替の語彙を用います。

RDFa 1.1 Liteには、dcfoafschemaなどの多くの有用でよく使われる接頭辞が前もって定義されています。これによって、よく使われる接頭辞を宣言し忘れたとしても、構造化されたデータは機能し続けることが保障されます。事前に宣言されている接頭辞の完全なリストは、RDFa 1.1の初期コンテキスト・ドキュメントにあります。

データ・モデルへの入門を含め、RDFa Liteで何ができるかをもっと知りたい場合は、RDFa入門[RDFA-PRIMER]のRDFa Liteに関する項をお読みください。

3. 適合性

非規範と記している項と同じく、この仕様のすべてのガイドライン、図形、例、注記は、非規範的です。この仕様のその他の部分はすべて規範的です。

この仕様の「しなければならない(must)」「してはならない(must not)」「必須である/要求される(required)」「すべきである/する必要がある(should)」「すべきでない/する必要がない(should not)」「推奨される(recommended)」「することができる/してもよい(may)」「選択できる/任意である(optional)」というキーワードは、[RFC2119]で記述されているように解釈されるべきです。

3.1 ドキュメントの適合性

あるドキュメントを適合RDFa Lite 1.1ドキュメントと呼ぶためには、次のようにします。

RDFa Core 1.1仕様から追加して、非RDFa Lite属性として用いた場合、そのドキュメントは、適合RDFa 1.1ドキュメントと見なさなければなりません(must)。すべての適合RDFa Lite 1.1ドキュメントは、適合RDFa 1.1ドキュメントと見なすことができます(may)。

A. 参考文献

A.1 規範的な参考文献

[RDFA-CORE]
Shane McCarron; et al. RDFa Core 1.1: Syntax and processing rules for embedding RDF through attributes. 7 June 2012. W3C Recommendation. URL: http://www.w3.org/TR/2012/REC-rdfa-core-20120607/
[RFC2119]
S. Bradner. Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels. March 1997. Internet RFC 2119. URL: http://www.ietf.org/rfc/rfc2119.txt

A.2 参考情報の参考文献

[MICRODATA]
Ian Hickson. Microdata 2011. W3C Working Draft. URL: http://www.w3.org/TR/microdata/
[MICROFORMATS]
Tantek Celik; et. al. Microformats 2011. The Microformats Community. URL: http://microformats.org/about
[RDFA-PRIMER]
Ben Adida, Ivan Herman, Manu Sporny. RDFa Primer. 07 June 2012. W3C Note. URL: http://www.w3.org/TR/2012/NOTE-rdfa-primer-20120607