桜百句

1993年は例のない寒い年でした。桜はいつまでもみしみしと咲きつづけ、 桜百句が出来上がるまで待っていてくれました。その夏は異常な冷夏、 米不足に悩んだ年でした。 1994年は、一転して猛暑。そして、1995年は大地震に見舞われました。 1993年のあの桜の長さは何を予言していたのでしょうか。

 
 
1.      雷鳴の青き一瞬花の闇                 
2.      チョゴリ舞ふ青山墓地の花見かな  
3.      西洋の老婆おりくる花の坂  
4.      ひと泳ぎして学校の桜かな  
5.      花筏浮かぶプ-ルにハイダイブ   
6.      千姫や姫路の城の花爛漫  
7.      朝出でて夕べ我が家の桜かな  
8.      歯ブラシをつかう窓にも花の散る  
9.      夕靄の金色を帯び花の雲  
10.   ホットケ-キたべてなにやら花の午後        
11.   花冷えや予備校資金用意して               
12.   花冷えの芦屋の町も変りけり  
13.   隣りから竹輪のとどく花見かな  
14.   花妖艶その辺りから胴間声   
15.   花びらの風の箒に掃かれゐる  
16.   見らるるを意識せず咲く花一樹  
17.   登りつめ行止まりけり花吹雪  
18.   金婚も銀婚もゐて花衣  
19.   花便りあの子は懐妊せしといふ  
20.   雨戸繰る二階のありし花の雲  
21.   潮の香の雨にまじりて花催           
22.   陣取りの花の筵を敷く係              
23.   乱雲のにほひいろいろ八重桜  
24.   嫉妬かもしれぬ心に花三分  
25.   留守番の母の嘆きや花日和  
26.   朝桜お菓子のすきな人がゐて  
27.   花の雨早仕舞する土産売り  
28.   道を掃くおばさん鼻歌朝桜  
29.   朝桜学童はまだ来てません  
30.   ボヘミアの玻璃の器に山桜  
31.   象も目を細めてゐたる花の風              
32.   花の庭たま打ち返す響きかな           
33.   裏山に隠されてゐし桜花  
34.   花冷えの座を半ばにて帰りけり  
35.   花人の俺ポエットよポエットと  
36.   夜桜やソプラノ降らす窓のあり  
37.   花疲れ陀羅尼助丸よう効いて  
38.   アフリカに赴任する友花の駅  
39.   忙しや花あることを忘れゐき  
40.   新学期桜の観察理科その2  
41.   花の土手キラリと水の光りけり       
42.   制服も靴も大きめ花の下                         
43.   如月の望月の夜の花の宴                  
44.   花の灯は美術教師が造りけり  
45.   焼肉の煙目にしむ花の宴  
46.   来てみれば花のトンネル失せてをり  
47.   雪焼けの教師柔和に花のした  
48.   銀いろに輝く海や朝桜  
49.   花そしてまた花楽し電車かな  
50.   な蹂みそ小暗き径の花の屑  
51.   笑いあふ目くそ鼻くそ花のした  
52.   花の磴おりれば平内さんの家  
53.   一塁に走る女生徒花明かり               
54.   花の降る独身寮の昼下がり  
55.   朝桜ブブカのごとく跳ぶ人も  
56.   夕桜瞼重たくしもぶくれ  
57.   雨上がり花のほてりの冷まされて  
58.   天と地に腕のばしたる大桜  
59.   裏山に雪を降らせて花の雲  
60.   花追ふて漫歩二漫歩三漫歩                        
61.   夜桜や雨も静かに照らさるる  
62.   洋ネコと和猫の雑種遅桜                
63.   振り返り目の会ひたれば花を賞む   
64.   つくづくとねむたき昼や花疲れ  
65.   礼言ふて涙や花のしらしらと  
66.   風ひゅうと花と小鳥を吹きちらし  
67.   花びらを追ひかけて風いつまでも  
68.   思い出し笑うことなど夕桜  
69.   この道は花ひとつなし素っ気なし  
70.   みしみしと花の重さに揺れる枝                       
71.   花びらの風の形にくるくると  
72.   花の駅阪急電車とまりけり                  
73.   花を背に魚釣る人や桂川  
74.   はらはらと枝垂桜の散るなかで  
75.   懐かしく切なき花の頃となり  
76.   あだし野のさいの河原や花曇り               
77.   金色に睫の染まり夕桜  
78.   嵐山来て頬張れる桜餅  
79.   白鷺の曼陀羅山の花に来て  
80.   天龍寺掲諦掲諦花の冷え                �@          
81.   近道や湯屋の煙突朝桜    
82.   花に酔ひ迷ひて戻るもとの道              
83.   けさ晴れてこの海深く桜鯛  
84.   かくれんぼする子桜によっといで  
85.   えんぴつを置く良き音のして花盛り  
86.   B組の窓は満開桜色  
87.   散りはじめどこかが楽に花疲れ  
88.   花の雨ちゃいろくなったクリステイ-  
89.   花吹雪あの子は元気にしてるかな   
90.   粛粛と枝垂桜に絹の雨                         
91.   花びらを輪まわしにして遊ぶ風    
92.   花びらのあしあと厨の戸口まで             
93.   近づけるうれしきことや八重桜  
94.   関ケ原雲湧き出でて夕桜  
95.   桜蕊ふるキスシーンに咳の出て           
96.   畠中の石の鳥居や遅桜                   
97.   じいちゃんと花浴びているベンチかな  
98.   退屈な会議桜の蕊の降る                
99.   花は葉に少年と犬ころと              
100 葉桜の間で消えしシャボン玉