我がウォークマン道

in 1999

自分が中学・高校の頃はとにかく音楽漬けで、金のない学生としてはFMエアチェックとレンタルレコードとダビングを利用するのが常だった。そうなると当然オーディオ、特にウォーキングステレオは最重要ツールとなるわけで、週末秋葉原に遊びに行っては吉野屋で牛丼食って買えもしない高級オーディオをいじりまくって各種製品カタログをもらって帰るのが習慣となり、特にソニーのウォークマンの新機種は必ずチェックしていたものだった。あの時ウォークマンは日々の活力を与えてくれるミュージックプレーヤーであり、その精巧なメカニズムでいつも感心させられる身近なハイテクツールであり、音楽人生の伴侶であった・・・。

あれから長い時が経ち、昔のようにFMエアチェックも、レコードをテープにダビングすることもなくなった。新規格のデジタルオーディオが次々と現れ、コンパクトカセットはアナログオーディオ最後の生き残りとなってしまった感がある。・・・そんな今日この頃、昔からいろいろ詰め込んでいた段ボール箱の山を整理していたら、ソニーのウォークマン20年分のカタログが集まっていた(ていうか捨ててなかった)ことにふと気がついた。・・・・するってえとナニかい?というわけで、おめでとう20歳!ありがとうウォークマン!若き時代よりの感謝の思いを込めて必殺の独断と偏見のマニアックページ「ウォークマンバカ一代」をお見舞い、いやプレゼントだ!くらえい!

 

・・・というふうに始まったのがこのHPです。

back