雑談 Vol.3

歴代ウォークマンスタミナ対決

 

当HPをご覧いただいた方はすでにご存知と思いますが、ウォークマンはある時期から、「長時間再生」が重要訴求ポイントとなっていました。

そして新機種が発売されるたびに、カタログに表示される「○○時間連続再生」の時間が大きくなっていき、EX9でついに「100時間」という数値を達成しています。

このウォークマンの長時間再生実現には、2つの要素があります。

(1)本体の省電力化

(2)ガム型充電池の容量拡大

ただし、このガム型充電池の容量は頻繁に拡大されているため、カタログ上再生時間が拡大していても、「本体の省電力化はどの程度なのか」ははっきりとはわからないのが難点です。

そこで、それぞれのモデルが本当はどのくらい省電力化されたのかを調査・比較してみました(ただし、全モデルを列挙するのは大変なので(^^;)ガム型充電池に対応している、メインストリームモデルで比較)。

まず、これまでソニーからウォークマン用として発売されたガム型充電池の種類は以下のとおりです。(筆者調べ)

※最近、電池容量の表記方法が変わり、電池に2つの容量が併記されています(平均容量ならびに最小容量(min.)表示)。これらの電池は比較数値として平均容量の数値を採用しましたが、厳密な比較にはなっていない可能性があります。

型名 電池種類 容量 NC-5WM=1とした相対容量比
NC-5WM ニッケルカドミウム 450mAh 1
NC-6WM ニッケルカドミウム 600mAh 1.33
NH-9WM ニッケル水素 820mAh 1.82
NH-9WM(A) ニッケル水素 900mAh 2

NH-9WM(S)

ニッケル水素 1000mAh 2.22
NH-9WM(N) ニッケル水素 1200mAh 2.67
NH-10WM ニッケル水素 900mAh(min.)=1000mAh? 2(=2.22?)
NH-14WM(A) ニッケル水素 1350mAh(min.)=1400mAh 3(=3.11)

この表から、ガム型充電池の容量は、初代から現在に至って、およそ3倍に拡大したことがわかります。そして、これらの充電池のうち、どのモデルにどの充電池が付属していたのかを調査、それぞれのモデルの再生時間をNC-5WM換算で算出してみました。

※換算にあたっては、充電池の特性および各モデルの消費電流特性を無視しております(^^;ので、あくまで概算と考えてください。

型名 付属充電池 充電池連続再生時間 NC-5WM換算値 WM-101=1とした相対値 備考
WM-101 NC-5WM 2時間 2時間 1 リモコン未対応
WM-501 NC-6WM 4時間 3時間 1.5 リモコン未対応
WM-550C NC-6WM 3時間 2.3時間 1.15 リモコン未対応
WM-701C NC-6WM 2.5時間 1.9時間 0.95 10周年モデル
WM-DD9 NC-6WM 2.5時間 1.9時間 0.95 プロフェッショナル
WM-EX88 NC-6WM 3.5時間 2.6時間 1.3  
WM-EX909 NH-9WM 7.5時間 4.1時間 2.1 デュアルヘッド
WM-EX808 NH-9WM 6時間 3.3時間 1.7  
WM-EX999 NH-9WM(A) 8.5時間 4.3時間 2.2 デュアルヘッド
WM-EX1 NH-9WM(S) 12時間 5.4時間 2.7 15周年モデル
WM-EX5 NH-9WM(N) 22時間 8.2時間 4.1  
WM-EX9/EX20 NH-14WM(A) 40時間 13.3時間 6.7 Fメカ
WM-WE01 NC-6WM 8時間 6時間 3 20周年モデル
WM-EX2000 NH-14WM(A) 50時間 16.6時間 8.3 Fメカ改

 

こうしてみると、やはり省電力メカニズムを搭載した「スタミナ・ウォークマン」EX909から、急激に省電力化が進んでいるのがわかります。

そして、省電力の進化はとどまるところを知らず、WM-EX2000に至ってはNC-5WM換算で16時間以上と圧倒的な長時間再生を実現しています。充電池+乾電池で連続100時間再生を売りにしていたEX9/EX20よりもさらに3時間以上再生時間が拡大しており、WM-101からは実に8倍もの省電力化を実現したことになります。

スタミナウォークマンNo.1は、WM-EX2000という結果になりました。

(ただし、WM-EX2000はここまで省電力化を追求した結果、モータートルクがかなり少なくなっているようです。そのため、昔の回転抵抗が大きいテープや、長時間巻き(90分以上)のテープなどはかなり苦しくなります。テープによってははっきりとワウフラが感じられるほど・・・)

以上です。

ウォークマン道トップへ