994 船平山のユウスゲ

山の向こうは津和野になる、山口県徳佐町の船平山は、夏が来るとユウスゲの花が咲く草山です。7月31日土曜日、台風接近で朝から雨が降りそうな空でしたが、何とか夕方までもって、ユウスゲの花を見ることができました。


9936.jpg (62689 バイト)


船平山はミニサイズのスキ−場があって、そこが草原になっています。その草原に座って待っていると4時頃から咲き始め、夕闇が近づく頃にユウスゲの花で、黄色の原になります。もっと前は全部がユ−スゲ咲く草原でしたが、町おこしで、ミニ・ゴルフ場にしてしまって、草原が1/4くらいに減ったのが残念です。
が、ユウスゲはニッコウキスゲと違って群生して生える性質がないので、こんなに、一面がユウスゲになるのは珍しく、嬉しくなります。

 

9931.jpg (33038 バイト) 9932.jpg (28860 バイト)

 

 

9935.jpg (48929 バイト)

 

ユウスゲは夕方咲いて、朝には萎む、一夜の花。学名の「ヘメロカリス」はギリシャ語で「一日の美しさ」。淡い黄色。夜中に強くただよう香り。満月の夜に眺めるとすごいだろうなと思っていますが、未だ果たせていません。

ほとんど誰も知らない頃はユウスゲの原独り占めでしたが、最近はニュ−スになったり(金曜日もTVで紹介が)で、今日もかなりの人に出会いました。嬉しいような、嬉しくないような・・・・。
自然は毎年違うので、これっ!という時に巡り会うのは難しいのですが、今日のユウスゲはとてもきれいでした。

Wb00955_.gif (255 バイト) Home