971 ギンリョウソウ

小学生の頃、山で遊んでいて、初めてギンリョウソウを見たとき 「一体これは何???」 の衝撃で、思わず学校に持って行きました。が、「これギンリョウソウ どこでも生えているよ」と友達から言われて、みんな物知り〜と さらに衝撃を受けました。

 

9712.jpg (28962 バイト) 9713.jpg (39026 バイト)


ギンリョウソウは薄暗い森の、落ち葉が積もった場所に、俯いて生えています。自分では一切栄養をつくらない、必要な栄養の全てを腐葉土などから得る、腐生植物です。葉緑素は無しで、全身透けるような白色。

茎に被さるように付いている葉をウロコに見立てて、銀の竜、で銀竜草です。そう言われると、竜,龍 にも見えますが・・・中国人の想像力には負けます。「インディアンのパイプ」や「ワックス・フラワ−」の呼び名もあります。
9711.jpg (20769 バイト) 花だけは、雄しべの先がオレンジ色、雌しべの先が濃い青に色づいています。

薄暗い場所にあるので、不気味ですが、日が差し込むと白銀の輝きになって、それなりの美しさもあるギンリョウソウです。

Wb00955_.gif (255 バイト) Home

 

「スズシロソウ」から「ギンリョウソウ」のクリスタルな白まで、白い花を11種を続けて紹介してみました。これでお終いです。