942 ケアンズの旅(1)ケアンズへ


9421.jpg (16028 バイト) 3月6日土曜日。天気予報では雪。新幹線は大丈夫か(-_-)゜zzz・・・と心配しながら・・・朝起きると、小雪が舞う寒い日でしたが、積雪は無し。

運良く帰省していた我が家のT君に、新山口駅まで送ってもらって、7:32の新幹線で博多へ。

博多駅からは地下鉄に乗って、福岡空港まで。国内線乗り場からリムジンバスにのって、9時10分に無事国際線に着きました。

11時15分発、CO916便、グァム島行きのコンチネンタル航空にチェックイン。これで安心です。

 

9425.jpg (19009 バイト) 9423.jpg (12228 バイト)

 

今日の飛行機はB737−800型。通路を挟んで3席−3席で、30列の国際線としては小型の実用機です。

11:23分福岡を離陸。鹿児島からは真南に飛んで、海しか見えないのでちっとも面白くない (-_-)゜zzz・・・ それに、食事は まっず〜い。ビ−ルは有料で600円!映画は5年前のやつ・・・もうコンチネンタルには乗らん!などと言ってる間にわずか、3時間18分で、グァム島に到着しました。現地時間は15:41です。次は4時間待って、ケアンズ行きに乗り換えです。

乗り換えは、普通は待合室で待つだけなのですが、グァム島では入国管理が必要です。名古屋から着いた便もあったので、並んで30分待って、やっとパスポ−トにスタンプを押してもらって、出国せずに、Uタ−ンして待合室へ戻ります。


9426.jpg (19615 バイト) 9424.jpg (15117 バイト)


グァム島は日本人が押し寄せる観光地で、日本の主要都市からは毎日直行便が飛んできます。なので、飛行場は英語不要。日本語(と韓国語も)が氾濫しています。が、飛行便は朝や夜に集中しているので、広い空港はのんびりしていました。
しかし、アメリカ領なので、テロ対策警戒レベルが上がっていて、『身の回りに怪しい荷物があったら知らせよ』 と5分おきに放送が流れていましたが、それはそれで、職員はのんびりしていました。

普段は短気な私ですが、海外旅行に行くと、急に気長性格に変身して、免税店を探索したり、コ−ラを飲んだり、トイレの研究をしたりで、あっという間に、4時間たって。次はコンチネンタル航空のCO902便に乗ってケアンズです。

今度もB737-800型。8時、真っ暗になったグァムを離陸。隣に座った、大学付属病院をすっぱり辞めて、ワ−ク・ホリディ−でオ−ストラリアで1年暮らすという看護婦さん(まったく女はすっぱりと思いきりがいい〜羨ましい〜)と話しているうちに、真夜中の0時19分ケアンズ空港に着陸。福岡から12時間で到着です。運賃が3万円高い直行便なら9時間くらい。やはり世の中お金です (-_-)゜zzz・・・

 

【 ケアンズ−Cairns−はここです 】

Queensmap.jpg (16430 バイト) ケアンズがあるのは Sunshine State、クインズランド州−Queensland−です。Queensland州の海全部が、南北2千キロもあるグレイト・バリア・リ−フです。

州と言っても南北2千キロで日本列島と同じくらいで、面積も日本の7倍、人口はたったの350万人。広々Queensland州です。

有名なゴ−ルドコ−ストは南の端。ケアンズは州都ブリスベンから北へ約1500キロにある田舎町です。

 

【 ケンアズはこんな感じです 】

9428.jpg (80797 バイト)

では絵はがきで紹介です。人口は13万人の自然がいっぱいの観光の街。
キャッチフレ−ズは TNQ:Ttropical North Queensland 

Trinity湾に面した熱帯雨林の街。車で5分も走ると熱帯の樹木が生い茂る山です。熱帯はオ−ストラリアでも珍しいので国内からも、そして、海外からも年間70万人くらいの観光客が訪れるそうです。外国人観光客の40%が日本人?

海岸通りの ESPLANEDA 通りと交差する SPENCER 通りの辺り(左端の方)にホテルやレストラン、お土産店が集まっています。が、あとの通りは静かです。左端の港の辺りが観光客が集まる中心地です。とにかく、徒歩10分で市内のどこでも着くという小さな街です。

で、ESPLANEDA通りSPENCER 通りが交わる便利な場所の Pacific International Hotel に泊まりました。94210.jpg (12372 バイト)

 

 

かつてはハリウッド・スタ−も泊まったという老舗のホテルですが、大型化、ゴ−ジャス化が遅れ、今は4.3☆くらいのホテルとなっています。

豪華さはありませんが(ので大型観光団が押し寄せず)静かで清潔。何よりも便利で眺めが抜群でした。

10階の部屋から見た右手 SPENCER 通りです。

94211.jpg (68878 バイト)

 

94214.jpg (58473 バイト)

 

そして、やや右手。正面はカジノ。右の高いビルが、5☆で最新の、お値段も高い、Cairns International Hotel です。豪華パック旅行の日本人でいっぱいでした。若者が多かったなア〜。金持ち〜。

そして、夜10時頃、ふと窓から空を見上げるとこの正面に南十字星〜 \(^o^)/ ロマンチック〜


94212.jpg (61470 バイト)

 

そして、やや左手に見える 定番の一流ホテル Hilton です。ここも日本人がいっぱい泊まっていました。羨ましい〜。Cairns International、Hilton、そして、我がPacific International が囲む三角地は、緑濃い公園になっています。朝は鳥がいっぱいで、緑と赤のオウムも飛び回っていました。

を外国人のカップルは甘〜く朝の散歩。のところ、
日本人は三々五々人で固まって(固らんと歩けんのか〜 情けなし 一人一人で歩きましょうネ 
朝の8時から免税店の袋を下げてのショッピング(日本人の外国旅行の目的はショピングなんか〜 (-.-;)y-~~~ 外国人に評判になってるぞ。もう少しショピングを減らして、いろいろ見ましょうネ)の風景でした。

注1:固まって歩かず、3泊4日のパックじゃない我が二人組のような場合 「へ〜っ 日本人にしては珍しい」とやや親切にしてもらえる特典がありますが、明日の事は自分達で決めないといけないので夫婦喧嘩の機会が増える欠点もあります (-_-)゜zzz・・・)、

 

94213.jpg (51171 バイト) そして、左手には港が見えます。ここからグレ−ト・バリア・リ−フへの船やヨットが出て行きます。

という、美しい風景が広がって、眺めているだけでも楽しい。眺めと便利さだけは一番の 我が Pacific International Hotel でした。 (-_-)゜zzz・・・

Home     Wb00955_.gif (255 バイト)    Next