937 インドネシア、ラ−マヤナの旅(40)駐車屋さん


早い者勝ち、交通ル−ル無視、のインドネシアですが・・・・・・、

93708.jpg (29671 バイト)

 

ス−パの、ショピングセンタ−の、レンストランの、観光地の駐車場、時には、路上にも。とにかく車を駐車する場所なら、どこでも。こんな制服のような服を着た人が居て 『こっち、こっち ここに停めて〜 はい ハンドル切って〜』と案内してくれます。『はい ありがとう 千ルピ−ね』という仕組みの 駐車屋さんです。時には警察署なんかの駐車場 (-_-)゜zzz・・・ や、そんか事していいんでしょうかこんな所で (-_-)゜zzz・・・ という所にも駐車屋さんがいます。
ボルネオの、ものすごい田舎の、食堂の 車なんか1台も留まってない駐車場にもいて 『はい こっち ここです〜』とやっています。ありがとう。



93701.jpg (28515 バイト) 駐車する場所がなくて困っているとこの色の服の人が現れて、はい ここね と案内してくれます。ジョクジャの駐車屋さんの色はオレンジ色でした。なので意外と駐車場所探しは簡単です。

 

 

大きなショッピングセンタ−から大通りに出る時は、交通ル−ル無視のインドネシアなので 困ります。
が、大通りに面した駐車場の出口には、暇そうなおじさんが座ってボ−ッとしています。が、車が困っていると、突然立ち上がって、車の流れを止めてくれて、『はい〜 今です〜』、と合図して右折させてくれます=右折屋さんです(左折屋さんもいます)。
なので、インドネシアでは、注意しながら、右折しながら、窓を開けながら、千ルピ−を渡しながら、運転する技が必要で・・・とても真似できません (-_-)゜zzz・・・

ジョクジャの繁華街にはバイクの駐車屋さんがいて、歩く人の邪魔にならないよう、せっせと バイクを駐車させてくれるので、安心して歩道が歩けます。

といよう風に、豊かでなく、あまり仕事がないインドネシアですが、小さな親切を 職業にして みんながんばっています。

 

93707.jpg (52119 バイト)


Back
   Wb00955_.gif (255 バイト)   Home    Next

 

駐車屋さんに次いで多いのは交差点仕事人です。

 

93702.jpg (25755 バイト) 93703.jpg (27673 バイト)

 

一番目立つ交差点仕事人は、交差点ミュ−ジシャン (-_-)゜zzz・・・ です。その他、雑誌・新聞売りもあり。

交差点付近で 長〜い 休息を取りながら、赤信号で車が止まると、やってきて 『はい ド ド ド〜』。青になると、走り出した車を神業でよけながら帰っていきます。楽器はギタ−、ウクレレ・・・何でもありです。今回は、板にビ−ル瓶の蓋を紐でぶら下げて 『カチャカチャカチャ』というのも聞きました (-_-)゜zzz・・・・。

若い人が多くて 「もっとまともな仕事に就いたら(-.-;)y-~~~」 と批判的な人が多そうです。が、「がんばっているんだから お金をあげよう 」好意的な人もいます。 

日本に比べると貧しく、経済不況からなかなか抜け出せそうもないですが、みんな小さな仕事を発明して何とかしようで、簡単にはメゲないゾ、せこくても、やがて金持ちになるぞ!の前向き感はあって、好感が持てます。