924 インドネシア、ラ−マヤナの旅(34)店

 

消費生活はどこの国でも似たりよったり。何でもあるし、インドネシア語が一言もしゃべれなくても、ちゃんと買い物はできます。ジョクジャには デパ−ト、大型ショピングセンタ−、ス−パ−マ−ケット、マクドナルド...・・・・山口より、よほど大都会ですが、やはりどこか日本と違う、興味津々があります。

 

92401.jpg (29930 バイト)

 

ス−パの品揃えも豊富、日本と一緒。ですが、レジの向こうに見えるカウンタ−。ス−パで買い物をする時は、このカウンタ−に寄って必ず荷物を預けます。荷物を預けてから、小さなバックに財布だけで買い物、という仕組みになっています。万引き防止のためなんでしょうか。

 

92409.jpg (31508 バイト) 92413.jpg (30594 バイト)

 

生地屋さんです。あれ見せて、これ見せて、あれも見せて、それもついでに・・・以下、限りなく繰り返す (-.-;)y-~~~。やっと決まった。
はいお金 『お金はレジでお願いします』。
3m離れたレジで一部始終をじっくり眺めていたレジ係にお金を払って、レシ−トを貰って、見せて、品物を貰って、やっと買い物終わり。インドネシア式?いいえ、ヨ−ロッパ式。オランダの植民地でしたから。

という仕組みもあって、役割分担なので、ものすごく店員さんが多い小売店が多々。対面販売をやめて、近代的なス−パ式にしては、人員削減で仕事も減るので、みんな少しづつ働く、インドネシアです。

一流のデパ−トも店員の山また山。3人くらいでかたまっておしゃべりをしている所へ 
「あの〜 あの靴下見せて」 と行くと、「私たち、Tシャツ係っ!靴下係の人に言ってっ!」 
「誰もいないんですけど (-_-)゜zzz・・・」「トイレでも行ったじゃないの。その人が帰るまで待っとってネ」「・・・・(-_-)゜zzz・・・」。
そして、靴下決めて、レジに行ってレシ−ト貰って、靴下売り場に戻って・・・・ こうなったら、嫌がらせにTシャツも買って、働かせてやろう!とつい無駄な買い物をしてしまう、インドネシアです。安いし。


92403.jpg (33302 バイト) 92416.jpg (26369 バイト)

 

裏通りや田舎ではこんな感じの店。インドネシア標準の雰囲気です。が、どんなに崩れそうな店でも、シュ−ス類だけはきれいに並べてあります。絶対に。


92309.jpg (19837 バイト) 道ばたの屋台も、アイスクリ−ム、氷、ジュ−ス、お菓子、焼き鳥・・・と多彩です。

 

 

 

 

 

 

でもこんな果物屋さんは、虚弱胃腸の日本人はやめたほうがいいかもしれません。

92415.jpg (31011 バイト)

 

 

92410.jpg (28664 バイト) 92412.jpg (25968 バイト)

 

相方が金屋(宝飾店)に行ったことがないので、絶対外国人が来そうもない地元の人向け店に、入ってみました。

『いらっしゃい。金のチェ−ン!ですね。 何グラムくらいが? はい。5グラムはこちらのケ−スでございます』

どんなデザイン?と尋ねないとこがインドネシア式、アジア式です。金は装飾品でもあるけど、財産、お金。だから、重さ第一です。から、金の値段にプラスいくらかで、金製品が買えます。日本で買うよりはるかに安い。

『はい、こちらですね。計ってみますね。5.26グラム、ございますです』


どう面白かった? 50グラムだと、もっと面白かった。 (-_-)゜zzz・・・


Back     Wb00955_.gif (255 バイト)   Home     Next