922 インドネシア、ラ−マヤナの旅(33)お菓子

餅米、サゴヤシ澱粉、小麦粉、キャッサバ、イモ、豆、果物・・・・を、練ったり、蒸したり、揚げたり、発酵させたりのインドネシアの「おやつ・お菓子類」は多彩です。
多すぎて、何がなんか、さっぱり分かりませんでした。が、
一色より、「色を重ねた(層に重ね合わせた)の」や「上半分はもっちりとシロップ味、下半分は軽くココナツミルク味のような、重ね味」が人気なんだそうです。
そして、どれもビジアル・インパク度が高い系が特徴です。

 

92304.jpg (32052 バイト) 92306.jpg (28412 バイト)
92305.jpg (32897 バイト) 92308.jpg (26233 バイト)

 

その他、饅頭や蒸しパン、洋風のケ−キ(恐ろしくてまだ食べたことありません)、菓子パン、何でもありますが、どれも砂糖たっぷり、椰子シロップたっぷり、ココナルミルク味濃厚、甘い果物味たっぷりで、とにかく高カロリ−・高脂肪は保証できます (-.-;)y-~~~ 

 

92303.jpg (19553 バイト) こちらは、炒めた野菜や肉をクレ−プで包んでこんがり揚げる。これもオヤツ?


92302.jpg (21188 バイト)



甘過ぎに負けない、濃〜いお茶なんかで食べると、大変結構な味のインドネシアのお菓子達でした。


92301.jpg (32611 バイト)

 

飴、チップス類も多彩です。乙女や元乙女がタムロしているカラフルなお店があったので、入ってみたら、店の隅々までポリポリ、パリパリ系のお菓子屋さんでした。
相方は「好物の芋かりんとうが無い」と怒っていましたが、これ何〜?のカラフルお菓子の連続でしたが、それを紹介をしていると何時までも終わりそうにないので省略します。

甘い物大好き、お菓子大好きのインドネシアですが、男も女もほとんど太目はいません。スリム。きっと、遺伝的に皮下脂肪にならないのでしょう。
しかし、国民病は糖尿病らしくて・・・・美味しい物いっぱい食べて、長生きとはいかない、人生そんなに甘くない!というインドネシアのお菓子です。

Back     Wb00955_.gif (255 バイト)   Home    Next