908 インドネシア、ラ−マヤナの旅(27)Pasar Ngasem−ガスン市場(2)

 

9085.jpg (22029 バイト)

 

さすがインドネシアの動物市場。迫力の凶暴な爪のトカゲ、50cmくらいはありました。オオトカゲの子供?

小動物は多種多様多彩。しかし、はてな?これ何?の連続で名前はさっぱりでした・・・残念 (-_-)゜zzz・・・

とりあえず「モモンガ」(下の左)。相方は初めて間近で見た!と喜んでいました。が、その他の前では大体は喜んでいませんでした (-_-)゜zzz・・・ 右はアナグマの仲間。なんでしょうか?

 

9088.jpg (38074 バイト) 9083.jpg (27870 バイト)


次はヘビですっ!

 

90811.jpg (22304 バイト) 9081.jpg (29804 バイト)
9082.jpg (35439 バイト) まずは、黒いコブラ強そう。
エサのひよこ可愛いそう・・・、

続いて、ニシキヘビ、重そう。しかし、こんな簡単な入れ物で、逃げたらどうするんでしょうか (-_-)゜zzz・・・

黄緑蛍光色ヘビ、きれい〜。1mはあります。

 

 

− 休憩 −

9089.jpg (22099 バイト)


ハムスタ−やウサギは、インドネシアでも流行中でした。

− 休憩 終わり −


9084.jpg (13073 バイト) 日本のモリアオガエルより少し大きい、体長約10cmのイリアン・ジャヤ(パプア・ニュ−ギニア)産のモリアオガエル。

モリアオガエルがインドネシアに居るのは知っていましたが(パプア・ニュ−ギニアに居るのは初めて知りました!)、実物は見たことなかったので・・・・、市場で一番感激した生き物です。

次は一番衝撃を受けた生き物です。衝撃が嫌いな人は目をそらす準備をして下さい〜



9086.jpg (64332 バイト)

 

体長2.30cmの不思議模様のヤモリ。赤と白の斑点と金色の目蓋も不気味です。東南アジア名物のヤモリ、トッケイですっ。しみじみと見るときれい。欲しい。

「へ〜! ほ〜!」と感動しながらウロついている変な日本人を見張っていた?おじさんが
「面白い物がいるから・・・こっち、こっち」
と誘ってくれました。インドネシアには暇で親切な人が多いです。
知らないきれいなおねいちゃんなら見るだけにして、誘いは断りますが、こういう誘いには弱いので・・・・

「行ってくる!」
 「大丈夫?変な所に連れて行かれたら・・・・。命は落としてもお金は落とさないようにネ」
相方の心配を振り切って、路地のさらに奥に、一緒に行ってみました。


90812.jpg (29559 バイト)

 

2m四方くらいのコンクリ−トのプ−ルのような囲いの中に居ました。コモドオオトカゲ。インドネシアのコモド島にだけ生息する体長が3m以上になる世界最大の、羊もパクリ、人間も噛まれると死ぬ、の凶暴なトカゲです。数が減って、世界的に保護されているはずなんですが・・・

「昨日入荷したとこ!」  どんなル−トで、いくらで???(-_-)゜zzz・・・ なかなか奥が深い、謎が多いガスン市場です。

Back    Wb00955_.gif (255 バイト)   Home    Next

 

*この「コモドオオトカゲ」は「ミズオオトカゲ」ではという、お知らせがありました。ありがとうございます。