824 インドネシア、ラ−マヤナの旅(13)竹のハンド・バッグ買う

 

美術工芸品からガラクタまで、お土産王国、バリ島です。旅人を誘惑するようにそんなお店がたっぷり並んでいます。
「バリに行ったら、竹製のバッグを絶対買うっ!」「いつ買いにいくの└|∵|┘!」と言われ 
ウブドゥの町の王宮前のバザ−ルでほんの1時間だけショッピングをしました。
そして、「バリでは何も買い物ができなかった〜」が、帰国後も家庭紛争の原因となっています (-.-;)y-~~~



8421.jpg (24281 バイト) 銀製品屋の職人、好青年です。
「銀は買いません?」
「バリの次はジョクジャカルタに行くから。コタ・クデのトム・シルバ−で買う予定」
「そりゃ〜ジョクジャがずっと品質もいいし、安いですね」
「よね〜」、
「バリは何でも高いし。あっ 奥さん来ましたよ」
「どうだった?」
「とりあえず1個は買った」
「・・・(-.-;)y-~~~・・・・・・」

 

8427.jpg (19214 バイト)

 

「へ〜 バリにはこんなものも」「竹のバッグ、竹のバッグ」


8423.jpg (28209 バイト)

 

あるある。もっと大きくて、布のフタが付いてるの探す。

8424.jpg (20084 バイト)

8422.jpg (27055 バイト)

えっ〜こちらだけでも37万ルピ−よ〜。2個で20万は非常識よ〜
お願い・・・・。
(-.-;)y-~~~。

じゃ〜この二つなら?

48万。
(-_-)゜zzz・・・

8426.jpg (19420 バイト)

おばちゃん早く買えばいいのに〜。
日本人金持なんだから。

貧乏な日本人もいるの



8429.jpg (46928 バイト)


Back     Wb00955_.gif (255 バイト)  Home    Next

というわけで、左がバリで買った竹のバッグ。1500円。しっかりした作りで「便利。日本のデパ−トで買うと13000円くらいする」そうです。
「ところで・・・・ジョクジャでも売ってると言ったのに、竹のバッグ無かったじゃないっ}
「(-_-)゜zzz・・・ 世の中そういうことも・・・・・」


そして、右下はジョクジャで見つけた、木の皮とラタンで作ったバッグ。右上はラタンの夏用のバッグです。
ともにボルネオ島産で、日本でまず手に入らないお値打ち品。と、思うのですが、

「いいやっ!バリの竹製のバッグがいいの!あと2.3個は買いたかったのに〜もう一度バリに行く。」。買い物の恨みは怖いです。