792 インドネシア、ラ−マ−・ヤナの旅(3)ゴア・ガジャ

さ〜てっ どうやってバリを見て回ろうか? 観光ツア−の車に乗ると安くて効率がいいけど----、忙しく回るので、ゆっくり見られないし−−−あれこれあれこれ考えた末、ホテルの車が空いているというので、それを頼むことにしました。

 

7926.jpg (23092 バイト) トヨタ・キジャン(トヨタ・鹿、インドネシアで最も人気がある車です)を運転してガイドもしてくれたホテルのワヤンさんです。

最初は掃除係から始め、次はベル・ボ−イ、−−−今はホテルの車の運転手です(運転手の地位は高いのだそうです。英語もしゃべれないといけないし)。

サル−ン(捲きスカ−ト)はホテルの制服ですが、バリ島では老若男女ともサル−ンを着ている人が普通でした。
インドネシアの伝統のフォ−マル・ウェアです。
(連れ合いは買いました〜)

「今日はとても嬉しいですよ」「何で?」「観光ガイドで車を運転して外へ出るの2ケ月ぶりだから」「ええ、そんなに暇だったの?」「コタの爆破事件以来、観光客減り続けでしたから」

じゃ〜最初はゴア・ガジャに行きましょう。

 

 

7923.jpg (44448 バイト)

 

ゴア・ガジャ(Goa Gajah)は、ウブドッから車で北へ15分くらいの所にある、11世紀に建てられたヒンドゥ−教の寺院です。ヒンドゥ−教は瞑想と静かな祈りを大切にするので落ち着いた雰囲気があります。


7924.jpg (72697 バイト)


みんなゴア・ガジャに来るのは、この不思議な、崖に彫られた魔女ランダの彫刻を?見るためです。口の中は15〜20mくらいの洞窟で、中にはシヴァ神、ブラフマ神など、ヒンドゥ−教の神々が祀られています。
しかし、魔女ランダは動物?それとも人間?の不思議な顔をしています。だから、魔女なんか!

 

7925.jpg (46158 バイト) 7922.jpg (39080 バイト)


寺院の真ん中には沐浴場があって、女神の像がありました。ヒンドゥ−教の寺院は聖なる場所でありながら、最果ての仏教国の日本人から見ると、妙に艶めかしい雰囲気があります。
ヒンドゥ−教も仏教も根は同じ(彫刻や神様仏様の像を見ても、これは神様?それとも仏様と区別が難しい事があります)。そして、アンコ−ル・トムやボロブドゥ−ルの仏教寺院と日本の寺は大違い。
仏教がインドからはるばる日本に伝来する間に、こんな雰囲気が抜け落ちたのでしょうか。

Back     Wb00955_.gif (255 バイト)    Home     Next