788 インドネシア、ラ−マ−・ヤナの旅(1)バリ島へ

 

何がどうなっているかさっぱり分からない、アジアの混乱を詰め込んだ、そこが魅力の、98年に旅した赤道の国インドネシアへ、やっと、また行けることなりました。今回は初めてのジャワ島と2度目のジョクジャカルタへ、9泊10日の旅です。

夕べは小雪も舞った3月11日火曜日、ちょうど春休みで帰省していたT君に車で送ってもらって、小郡駅7:32発の新幹線で福岡へ。博多駅から地下鉄で福岡空港8:50着。
福岡空港からは10:40発のシンガポ−ル航空のSQ989便でまずはシンガポ−ルへ向かいます。

 

Bari.gif (10680 バイト)

 

7881.jpg (9888 バイト) 7882.jpg (19848 バイト)
定刻に離陸した飛行機はあっという間に鹿児島の上空へ。開聞岳・池田湖、とその向こうは佐多岬です。

太平洋に出て、さっそく昼食が出ました。


7884.jpg (13684 バイト) 福岡からは日本人乗務員が乗っているので気楽な、そして、安くて安全という評判のシンガポ−ル航空。初めて乗りましたが、不思議な服を着ているな〜のおねいさん達、なかなかテキパキ働いています。



16:57(日本時間は15:57)シンガポ−ル着。
約1時間待って、SQ148便でバリ島のデンパサ−ルへ。

きれいすぎる空港を離陸すると、すぐに懐かしのボルネオ島が遠くに見え、また、食事が。

『座ったままで、食事どんどんはブロイラ−状態ね (-.-;)y-~~~』
『ほんとに』

などと言いながらも食べ終わる頃、19時10分定刻通りデンパサ−ル国際空港へ着きました。もう夜です。

7885.jpg (22283 バイト)


Bali.gif (13022 バイト)

 

バリ島と言えばビ−チ・リゾ−トの「ヌサ・ドゥア」とか「サヌ−ル」とかが定番ですが、ビ−チが似合わないので、山間の、バリの文化が濃く残っているという ウブドッ(Ubud) にある、眺めがよいと評判の「CAHAYA DEWATA」ホテルへ。
頼んでおいた送迎タクシ−でデンパサ−ルから1時間でホテルに着きました。


7886.jpg (20585 バイト)



ホテルに着くと真っ暗。1.2階の建物の続く、ホテルの中の階段をあちこち曲がって、ここはどこ?状態で案内されて、やっと部屋に着きました。

離れのような位置の部屋で25畳くらいのベッド−ル−ムに6畳くらいのバス・ル−ム。日本でホテル・ク−ポンを買っていきましたが、朝食つきで、5千円(もちろん二人で)。広くて安い(でもインドネシアでは超高い)。日本のホテル・旅館は詐欺のように高いですね。「まあまあの部屋〜」「でも、周りはどうなってるの?」と言いながら、旅の第一夜は更けていったのでした。

インドネシアの田舎の朝は早い!夜明けとともにたくさんの鳥のさえずり。6時には庭を掃くほうきの音が。カ−テンを開けると緑がいっぱいです。


7887.jpg (16562 バイト)


7888.jpg (28239 バイト)

 

ドアのすぐ外には大きな木のベンチが二つ。部屋についている小さな庭から見下ろすとプ−ルが。お〜。なかなかいいホテル。では、朝ご飯を食べにいってみようか。

 

7889.jpg (36207 バイト)

 

Wb00955_.gif (255 バイト) Home    Next