745 ビナンカズラ

 

7451.jpg (43865 バイト)

Wb00955_.gif (255 バイト) Home

秋も終わる頃、落葉が始まると、木々の間が透けてきて、いろんな物が見えるようになります。日当たりのよい林の縁で、他の木にからみついて育つビナンカズラ(サネカズラ、サナカズラ)の赤い実です。艶々した、美味しそうな実が集合して目立ちます。(これに似た和菓子があったような)。大きさは手のひらに入るくらい。南五味子とも呼ばれ咳止め強壮の漢方薬にも。

艶がある可愛い実を女性にたとえて


      『玉くしげ みむろの山の さなかずら さ寝ずはつひに ありかつましじ』

と、万葉集にも歌われています。ビナンカズラという名前は、茎や枝からぬるぬるする液が採れて、昔はこれを髪につけ、髪を整えて美男に変身。と使われたので美男葛です。そんなに珍しくないので、そこらの林で見つかるはずです。