734 カワミドリ

 

734.jpg (40259 バイト)




カワミドリ。どうしてこんな名前なのか全く分かりません。

9月の秋吉台の割と草が深い場所で、ぐっと背を伸ばして、青〜紫の、時には20cmくらいはある花穂を立てて咲いています。特別珍しい植物でなさそうだし、探せば、そこらにもあるかもしれません。

そばを通って体が触れただけで、香りが漂ってきます。葉をもむと、体の隅々までスッとする、ハッカに酸味をつけたような、甘さを抜いたレモンバウムのような、刺激的なよい香りがします。

 

 

        Wb00955_.gif (255 バイト) Home