729 アケボノソウ


7292.jpg (46071 バイト)


ちょっとした山里の、湿めった場所や川辺にある、時には腰より高く茂って、たくさんの花を咲かせるアケボノソウです。有名な薬草センブリの仲間です。
9月になると、白地の、直径が2cm以上の、透明感がある美しい花が咲き始めます。白地に小さな黒紫の点をちりばめて。緑の斑点は蜜腺で、アリのような虫がよくきています。

なぜこれを、曙草(あけぼの草)と呼ぶのか?と思うのですが、感性でつけられた、意外とよい名前かもしれません。「夜が白々と明け始める頃」を感じるように撮ってみました。

Wb00955_.gif (255 バイト) Home