722 ルソン島の旅(21)道ばたのいろいろ

 

7221.JPG (34013 バイト) 座布団くらいはある葉が、鳥のように木の幹に貼りついています。上には必ず褐色に枯れた葉が。

インドネシアのセラウェシ島では岩に貼りついていたので、ヤドリギでもなさそうだし----謎の怪しい植物です(-_-)゜zzz・・・


7222.JPG (25209 バイト)

バレ−ボ−ルくらいある、金色のふわふわの毛糸のような固まりです。道ばたで売っていました。

木性のシダ、ヘゴの新芽のあたりにできるフワフワです。園芸用らしいまでは、何とか分かりました。水苔のように使うのでしょうか (-_-)゜zzz・・・


7223.JPG (28507 バイト)

7224.JPG (14803 バイト)

 

フィリピンはどこも水田だらけ。水っぽいあぜ道には、日本で観葉植物になっている、カラディウムがいくらでも生えています。そして、ジャンボタニシの卵もそこらにいっぱい。ジャンボタニシは南米原産ですが、フィリピンやタイにも。マニラのこぎれいなバイキング式レストランにはジャンボタニシのお皿が。(-_-)゜zzz・・・
そして、あぜ道の花形は牛の糞です。そこにも居たの!踏んでしまった!の日々でした。



7225.JPG (15328 バイト)

そして、乾いた空き地、草むら、道ばた、ヤシ林の下、はオジキソウ。豆科の植物で痩せ地でも生えるので→どこに行ってもオジキソウだらけ。
間違って入ると、トゲがチクチクチク。
牛の糞より嫌いです。

このオジキソウは背丈が高くなる種類で長いトゲ、相当の痛さです。

オジキソウが可愛いと思っている人、一緒に東南アジアに行きましょう。絶対嫌いになります。そこらの探検の敵です。


7226.JPG (11221 バイト)

7227.JPG (10349 バイト)

 

そして、ちょっと湿った日陰にはペチュニアくらいあるこんな花の草が茂っていました。
紫白と黄色。園芸種のようにきれいは花でした。
知らない土地で、知らない物に出会う。旅の面白さです。

Back    Wb00955_.gif (255 バイト)    Home     Next