703 クズの花

 

7032.jpg (18125 バイト)

ネコの尻尾のような形に花を集めて咲く、クズの花です。葛粉の名産地として名高い奈良の国栖(くず)に因んで、クズと呼ばれるようになりました。

ところで、クズは日本の植物ですが、アメリカに進出しアメリカで大活躍の植物です。

日本人の暮らしと自然を紹介する植物として1867年のアメリカの万博にクズが展示されました。それがきっかけで、緑化植物、土壌改良植物、家畜の飼料にもなる役立つ植物として、アメリカ政府公認でアメリカに持ち込まれました。どこでも生える強い植物なので期待どおりの大活躍。植えると補助金もでました。
美人コンテストで『クズの女王』というのもあったそうです。どんな美人?

が、ほどほどが一番。驚異の繁殖力で、どこにも勝手に生えるので、最近は Green Snake と呼ばれる、困った植物に指名され、アメリカは困っているそうです。


7031.jpg (41281 バイト)


乾いた甘い香りがするきれいな花で、山上憶良は『秋の七草』に選んでいます。暦の秋は立秋からなので、クズは真夏に咲く花です。


Wb00955_.gif (255 バイト) Home

第二部

クズといえばくず粉。クズの固い太〜い根を折ると、ココナツミルクのような真っ白なデンプンが詰まっています。

今年も山口県の、日本海に面した片田舎、豊浦郡豊北町粟野の『だるま堂』の くず餅 「水まんじゅう」を頂きました。味はさっぱり分からない派ですが(満腹が一番派です)、葛の香り、上品な餡----これは〜!生きていてよかった という絶品です。だるま堂は田舎の和菓子屋さんですが、相当な腕前です。「青のり羊羹」が名物です。電話:0837−85−0032。

実はお土産に「水まんじゅう」4個買ってきました。これから食べるとこです。その日限りなので送れません。せめて画像だけでも。では、また。

 

7034.jpg (34058 バイト)