689 秋吉台のカキラン

 

6893.jpg (42822 バイト)


ランは最も進化した、頂点にたつ、植物です。豪華な花や、妖しいまでに特殊化した形に、つい騙されそうになりますが、どこか不健全なところがあります。その点、カキランはがっしりした葉や太い茎で、植物本来の健康さに溢れています。

6月になると秋吉台でもカキランの花が咲き始めます。普通、カキランは湿地で育つランとされていますが、乾いた草原の秋吉台にも、いくらでも生えています。不思議です。
広々とした草原で見るカキランはひと味違う、のびやかさがあります。


6891.jpg (22223 バイト)

 

カキランは花弁の外側が柿色なのでそう呼ばれていますが、よく見ると、なかなかの色使いで、他のランに決して劣らない美しさです。

Wb00955_.gif (255 バイト) Home