677 チョウジソウ

 

6771.jpg (45950 バイト)


Wb00955_.gif (255 バイト) Home

横から花を見ると『丁』の字に見えるのでチョウジソウです。江戸時代は油を搾って、髪につけた(びんつけ油)という話をどこかで見たような気がしますが、確かではありません。

チョウジソウは湿地や川辺など水気が多い場所に生えますが、2,3所でしか見てないので、割と珍しい植物かもしれません。あると必ず群生しています。背丈は5.60cm。すっきりと伸びて、青々した葉をしっかりつけて、一番上に2cmくらいの空色の花を初夏の頃に咲かせています。
どこかきっぱりとさわやかで。好きなチョウジソウです。