654 ジャケツイバラ

6541.jpg (18127 バイト) 5月になると、日当たりがよい、草木が茂った道端や河原で、鮮やかな黄色の花をたてた、豆科の低木のジャケツイバラが咲いています。人の背の高さくらいですが、遠くからでも分かる黄色です。


6542.jpg (38088 バイト)

 

3cmくらいはある、マメ科ばなれした、くっきり黄色の、道端で咲かせるにはもったいない、ハイセンスな花です。庭に植えたらと思うのですが、全身に鋭いトゲが生えていて痛い。そして、蛇がからみつくよう(蛇結)に横に繁っていきます。こんなにきれいな花なのに−−−惜しいジャケツイバラです。

と、書いているうちに、ジャケツイバラの仲間で、オウコチョウの花を思い出しました。
熱帯にある植物で、写真が撮ってあります。数日内に捜索し、載せます。ではまた。

Wb00955_.gif (255 バイト) Home

6543.JPG (40097 バイト)

 

ありました。インドネシアのスラウェシ島(セレベス島)で撮ったオウコチョウです。ジャケツイバラも相当目立ちますが、派手さではオウコチョウの勝ち。赤道直下の太陽で赤く輝いています。
英語では Peacock Flower (孔雀花)、インドネシア語では Kembang merak、タイ語では Nok-yung Thai,
日本ではオウコチョウ(どんな字?)と呼ばれています。