634 家庭園芸:ギンセンソウ(ルナリア)

6341.jpg (41215 バイト)

 

一度植えたら種が落ちて、毎年庭のどこかで勝手に生えて7.80cmに育って、ハナダイコンに似たきれいな花が、春が来ると、もう10年以上咲き続けています。ギンセンソウ、ゴウダソウ、シルバ−・シリングなどと呼ばれています。ルナリアのルナは月です。
実はこれからが面白いんです。どこかで見たに!変身していきます。続編をお待ち下さい。

と、書いたのが4月中頃。お待たせしました。そのルナリア完結編です。

 

Wb00955_.gif (255 バイト) Home


6346.jpg (25775 バイト) 6345.jpg (46841 バイト)


花が終わって、はいこれが種です。
真ん中に壁があって両側に丸い種子、それを薄い緑の皮がおおっています。
そして、6月中頃になると、乾いて、茶色になって、手でつまむと皮がスルリと取れます。落とした種は勝手に生えて、また来年咲きます。そして、真ん中の半透明の、壁皮が残ります。、

日にかざすとキラキラ輝いて。日本では銀銭草、英国ではシルバ−・シリング、これで完成です。
こんなの、どこかで見たことがあるはずです。