613 ボルネオの旅(24)ゴム園

遠距離友情中の、インドネシアはジャカルタの日本人ビジネスマン、Leoさんから『ちょっとボルネオのゴム園に』と連絡がありました。しかも、この一月で2度もボルネオへ!羨ましいです。

 

Kalimantan.gif (6821 バイト)



島とは言いますが、世界第4位の大きな島で、面積は日本の2倍もあります。
島の北部はマレ−シア領と、ブルネイ王国、残りがインドネシア領でカリマンタンと呼ばれています。
Leoさんはカリマンタンで一番大きな都市、バンジャルマシン郊外のゴム園でお仕事、時々、美女の水浴びも視察だそうです。がんばってください。


6121.JPG (40123 バイト)

6122.JPG (22205 バイト)


カリマンタンは熱帯雨林ですが、それを焼き払って、素朴な焼き畑に。大資本が参加すると、ゴム園や果樹園(プランテ−ション)になります。しかし、プランテ−ションはスマトラ島ほどはうまくいってないようでした。カリマンタンは貧乏です。しかし、Leoさんが行った、ゴム園は6.000ヘクタ−ルもあったそうです。

バンジャルマシンの隣町の、バンジャルバルの町はずれを散歩していると小さなゴム園がありました。ゴムの木は明るくて、まるでシラカバの林のようでした。木の刻み目からゴムがタラタラと流れて、かんに貯まっていました。

帰り道に赤ちゃんを抱いたお母さんに出会いました。カメラを持った、怪しい日本人にビックリしていましたが、さっそくパチリ。素早くパチリは森羅万象の得意技です。
こんな姿は世界どこでも同じだな〜のおまけの写真です。


6123.JPG (32698 バイト)

 

Back    Wb00955_.gif (255 バイト)  Home  Next