352 西表島自然探検の旅U(13)海辺の花

3521.jpg (16894 バイト)

珊瑚の砂浜に打ち寄せられた、
紅いオヒルギの花

3522.jpg (20777 バイト)


砂浜にはグンバイヒルガオが咲いています

3523.jpg (25033 バイト)



暖かい海辺の花、ハマユウ(ハマオモト)西表島にもいっぱいありました

3524.jpg (29641 バイト)


大潮の時には潮がくる辺りには、クロヨナの木が生えています。クネクネと曲がった滑らかな枝を四方に広げて、カキの葉ほどの葉をつけた、高さ4,5mのマメ科の樹木です。花が落ちると、赤い絨毯に見えるほど、こんな花をいっぱいつけています。

そして、海から少し離れた湿地の地面で、ネムノキより一回り大きな、こんな花を見つけました。見上げても花も蕾も見あたりません。よ〜く見ると、大豆ほどの蕾が、垂れた細い枝についていました。サガリバナという木の花でした。夜の間に咲いて朝には落ちてしまうので島ではヨルバナ(夜花)と呼ばれています。ぜひ、咲いているとこを見たい、艶やかさです。

iri08.jpg (37069 バイト)

Back    Wb00955_.gif (255 バイト) Home    Next