228 タイ:チェンマイの旅(2)チェンマイ風焼きそば

タイ料理といえば、トム・ヤム・クー、辛い!、と思っていたのですが---これが間違い。辛いことは確かですが、たくさんの香辛料がミックスされてつくりだされる、奥行きのある辛さで、実に美味です。
本日はお昼は庶民の味、焼きそばです。

 

2281.jpg (14007 バイト) 2282.jpg (33543 バイト)

はい、これがタイの人が行く食堂の焼きそば、20バーツ(66円)です。タイの麺は米で作った、平べったい麺(名古屋のキシメンより巾があります)。これを油で炒めてたっぷりの汁でいただきます。鶏肉とか豚肉もしっかり入ってますが、野菜がさらにたっぷり。しかも、よい香りがする香味野菜とかバジルなどのハーブなどなど。野菜を退治してやっと麺に到着しました(写真を撮るのが遅れました。元は野菜の山でした)。

焼きそばに限らず、タイ料理は実にたくさんの香味野菜を使います。野菜は好きでないのですが、すっかり気にせず食べました。市内の市場にいくと、野菜がいっぱい、香りの野菜もいっぱいでした。日本で『ハーブ』とかを信仰してる人はすぐタイ国へ。ありますよ〜、いくらでも。新鮮で美味しくて安い。ひとつまみとかいわずにバリバリ食べましょう。

Back   WB00955_.GIF (255 バイト) Home   Next