1584 ハルリンドウとキスミレ

 

158409.jpg (19407 バイト)

4月29日。天気もよいし・・・ということで日帰りで久住へ行ってきました。2年ぶりです (-.-;)y-~~~。

まず湯布院の草原で エヒメアヤメ、イチリンソウ、サクラソウ、バイカイカリソウ・・・を見て(みんな元気でした)、日帰りなので久住山麓男池の花園はパスし(寄りたかった〜)、牧ノ戸峠を越え、阿蘇がよく見える久住高原のこの辺りをブラブラと・・・・

えっ!牧場地帯と違う!と、思う人がいるかもしれませんが、間違い。こういう場所辺りが、オキナグサがゾロゾロ(50本くらいまとめて咲いていました)、ヒゴイカリソウもきれい〜 な場所なんです。

158406.jpg (37666 バイト)

 
158407.jpg (34325 バイト)       158405.jpg (34841 バイト)

草刈りがよくされて芝生くらいの草丈の、日当たりのよい道端には、ハルリンドウがいくらでも咲いています。レストランの芝生にもよく生えていますが、車がビュンビュン走る大きな道の側が特に多く、多いけれど車に跳ねられのも嫌だし、「何してるんかな」と覗かれも気になるしで、あえて横道でハルリンドウを眺めるわけです。

フデリンドウが落ち着いた青なら、ハルリンドウの青は軽やかで華やかで・・・・・・久住高原から阿蘇まで、ず〜っとハルリンドウ地帯となっていて・・・見るたびにカメラを構えたくなりますが、それをやってると家に帰れなくなります。というくらいハルリンドウが多い所です。、

 

158402.jpg (20169 バイト)

 

158404.jpg (41762 バイト)

それから、野焼きで草が燃え、土が剥きだしになった場所には、キズミレが咲いています。斜面全面が黄色のスミレ絨毯になっているのも普通です。

黄色のスミレは割と珍しいスミレですが、久住や阿蘇ではありすぎ地帯。そんな写真を載せるときっとキズミレが嫌いになるので、あえてまばらに咲いているとこを載せてみました。過ぎたるはなんとか・・・ウソだと思う人はぜひ行ってみましょう。

wb00955_.gif (255 バイト) Home