1571 雑木林の小さな春

 

157101.jpg (41788 バイト)

コナラの枯れ葉が降り積もった雑木林を歩いていると、湧き水の、一畳ほどの、小さな浅い水溜まりがありました。

 

157105.jpg (43849 バイト)


あっ!

そして、そのきれいな水溜まりには、ヒキガエル(ガマガエル)の卵がありました。


157103.jpg (35489 バイト)   157104.jpg (17045 バイト)

卵は無事育っていました。命が生まれ、育っていくのは、愛おしく、嬉しい事です。

4,5日前に冬眠から、突然目覚めたカエル達がここに集まって卵を産んだのでしょう。そして、この雑木林に散らばって本格的な春が来るまで、落ち葉の下で眠っているはずです。

なぜ、みんな同じ日に目覚めて、そして、この場所に集まってくるのか。ヒキガエルがまだ寒い早春に卵を産むのは他の動物たちが活動してないので、子供達を守れるからです。 自然の営みは不思議と驚きに満ちています。

wb00955_.gif (255 バイト) Home

 

 

157106.jpg (29602 バイト)