143 ボルネオの旅(11)マルタプラのパッサール:お昼

マルタプラの市場探検もお昼ごはんで一休み。パンや麺や焼きめし屋さんもあるのですが、地元の人に人気のファースト・フード、 「サテ」 と 「ロントン」 を食べてみました。

 

1431.jpg (41354 バイト)

 

これがサテ (sate)、肉の焼き鳥です(タイでもサテと言ってました。インドネシア語です)。日本と同じように竹串にさして炭火焼き。もう、たまらなく良い匂いがただよってきます。ニワトリ5本と、牛5本を注文。

1432.jpg (35321 バイト)

 

ご飯はロントン(longton)、米の粉をバナナの葉で編んだ四角のカゴに入れて蒸し、蒸しあがった固まりをナイフで適当な大きさに切ります。オレンジ色の皿で白く見えるのがそれです。これに好みでサテのピリ辛タレをつけながら頂きます。私はダンゴ好きなので、気にいりました。日本と違ってお米の食べ方は多彩のようで、学びたいものです。
肉はしっかりとした歯ごたえ、日本の焼き鳥は軟弱です。

当然 ビール!といきたいのですが、イスラム教の国なので、ちょっと遠慮しました。
となると飲み物が困るのですが、実は本当に困ります。インドネシアの人は、ほとんど例外なくご飯の時に甘い物を飲みます。暑い国なので料理はピリ辛と塩多め、その反動でしょうか。

コーラやシュースはいいのですが、紅茶がいけません。氷を浮かしたアイス・テイに砂糖をどんどん入れて飲みます。入れるのはいいのですが、もう砂糖が溶けなくなってもまだどんどん。沈殿した砂糖紅茶の上澄みを、おいしそうに頂きます。なかなかタフな胃ですが、やっぱり高血圧と糖尿病になる人は多いようです。

とうわけで実に美味なサテとロントンですが、健康に気を使う日本人は、熱いチャイニーズ・テイで頂きましょう。インドネシア料理大好きです。

Back    WB01062_.GIF (249 バイト) Home   Next