1256 ラオスの旅U(1)ビエンチャンへ

最近忙しかったからゆっくり休みたいし、体力にも自信がないし・・・けど行ってもいいような気もするし、どうしよう?もう一月もないのに(-.-;)y-~~~・・・・と悩んでいるうちに,、なぜか1月5日になってしまって  

新山口駅から新幹線に乗って博多へ。地下鉄に乗って福岡空港へ。連絡バスで9時40分に国際線に到着。仕方ない。切符も買ったし、行ってくるかラオスへ。

 

125601.jpg (16211 バイト) 今度は10日間だからパンツが4枚、Tシャツ2枚、暑い国用の半袖が2枚に、靴下4足に、洗面道具に・・・デジカメはザックに入れて、お土産のメコン川の石を入れても余裕がある一番小さいカバンで出発です。

 

125602.jpg (25181 バイト)


お正月の海外旅行はもう終わりの5日で、空港はガラガラ。
チェックインも、荷物検査も、出国審査もあっという間に終わり。

 

125603.jpg (23237 バイト)


バンコク行きTG649便、2.3席ごとにお客が一人で広々です。
快適なA300は定刻より2分早く11:58に軽々と離陸しました。

屋久島上空辺りで、お昼がサッと出て。珍しい今日はウナギです!
と感激しながら食べているうちに前回のメニュ−を思い出しました。
エコノミ−、食器はプラスチック、トイレはペ−パ−タオルであったか。

125604.jpg (16086 バイト)

 

今日は雲が多く下は見えません。しかし、窓から見える青空はほんとに青い。飛行機はひたすら南南西へ飛んで、ベトナムのダナン上空からマレ−半島へ入ります。バンコクまであと一時間。

福岡から5時間20分の午後3時18分、2006年秋に開港したスワン何とか国際空港に着陸。逆噴射もほととんどかけず、高速でゲ−トへ向かいます。アジア一広いと自慢するだけの事はある飛行場のようです。

 

125605.jpg (28399 バイト)



建物は芋虫団子のような形をしていますね。2階が到着ゲ−ト・フロア−となっています。

 

125606.jpg (28728 バイト) 125607.jpg (31433 バイト)

新空港はだだっ広くて、←↑→ とかが分かりにくというウワサ通り、分かりにくい飛行場です。あっという間に3階への国際線搭乗口を見逃してしまい、ウロウロウロウロしてるうちに何とか3階へ到着。ビエンチャン便はD1ゲ−トを確認して一安心。
ほ〜4階がショピイングセンタ−か。と、ぶらぶらして、腹が減ったのでピザ一切れとコ−ラで600円は高すぎはしないか?

それにしてもガランとして静か。と思ったのは間違いで、帰りの深夜便でここに来てみると東京は渋谷状態でした

 

125608.jpg (37685 バイト)

出発フロア−の3階、4階には座るイスほとんど無し、座るにはレストランや喫茶店でお金を使うか免税店でお金を使うかしかあります(待つなら到着フロア−の二階がおすすめです。誰もいません)。

それにしてもゲ−トからゲ−トへの道は遠すぎる。現在タイに住んでいるgulaさんによると「運動不足解消のために、よく歩くようにとの配慮」の飛行場のようです。

搭乗ゲ−トの待合い室はこんな感じ(芋虫団子の内部)。飲み物売り場もなしのトイレのみで、寂し〜くなります。が、イスはたっぷりあります。


mapLaos.jpg (16729 バイト)


次はバンコクからラオスのビエンチャンへ向かいます。


125610.jpg (40090 バイト)

 

バンコクで4時間待って、TG692便でビエンチャンへ。お客は外人だらけです。

 

125612.jpg (24032 バイト)

 

家を出てから15時間あまり、夜の9時半に、名声はビエンチャンで一番、設備は相当難ありありのラ−ンサ−ン・ホテルに到着しました。予約のabeです。お湯の出る部屋にしてね。abe様−お待ちしておりました。はい、よい部屋をご用意しておきました。

予想通り冷たい水だけがたっぷり出て、ああ冷た〜のビエンチャンの夜は更けていくのでした。

Wb00955_.gif (255 バイト) Home   Next