1235 ヒメヒゴタイ

 

123507.jpg (39056 バイト)

 

トゲが無く、何となくキツネアザミに似ていますが、秋に赤紫色の花が咲く、アザミの仲間の、草原にあるヒメヒゴタイです。姫・平江帯と書きますが、『平江帯(ひごたい)』という字が謎です。

江戸時代には平行帯(ひんこうたい)と呼ばれていたようですが、本当は、今も、平江帯と書かれています。これ何じゃ?
元は 平江+篠 だったようで、篠は糸製の縄。平江は中国の街の名前(蘇州か湖南?)。平江の名産が糸製の縄。それに似ているからヒゴタイの名前になったのか?が、どこらが平江の名産の糸製の縄似なんでしょうか?謎は深まります (-.-;)y-~~~

 

123503.jpg (34077 バイト)   123505.jpg (34984 バイト)

 

ヒメヒゴタイの花はガクの先が桜色で、蕾の時はそれが目立って、桜貝を集めたようで。ということで、花よりも蕾の時が可愛いのが特徴?です。今年も秋吉台のあちこちで見かけました。

Wb00955_.gif (255 バイト) Home