1190 オカウツボ

 

119008.jpg (27566 バイト)

 

初夏の草原の花の定番、ウツボグサです。花が付いている、茶褐色の長楕円形の土台(花穂)が、弓矢の「矢入れ」=靫(うつぼ)に似ているのでウツボグサです。が・・・。

その、ウツボグサが咲く頃、草原を歩いていると衝撃的な不思議花に遭遇することがあります。

 

119007.jpg (53037 バイト)

 

これです。ハマウツボ科の植物、オカウツボ。

高さはせいぜい10cmくらい。太さは大人の指くらい。の茎から、紫色の花がニュッと飛び出して咲いています。オトコヨモギ(背景に写っています)の傍を探して、非常〜な幸運に恵まれると、出会う事があります。『オトコヨモギの傍にはこれがあるかもしれないっ!』と予め予想してないと、気づかず通り過ぎてしまいます。

 

119001.jpg (28675 バイト)

上から見下ろしてみました。全身に産毛のような毛が生えていることもあります。

 

119005.jpg (24181 バイト)

オカウツボの蕾(茎)です。全く目立たず、知らないと踏みつけてしまいます。

 

119003.jpg (45860 バイト)

 

ツクシの親玉のような茎がスルスル伸びて花が咲きます。茎と花だけ。茶色のトゲは退化した葉。何とも言えない色合いで、それなりにきれいな花です。オトコヨモギの根に寄生するオカウツボ。不気味?きれい?の不思議な花です。

Wb00955_.gif (255 バイト) Home