1186 ラオスの旅(49)ラ−ンサ−ン・ホテル

 

118612.jpg (22044 バイト) バンケン村とビエンチャンを行ったり来たりのラオス滞在でしたが 何だかんだで合計9泊したビエンチャンのラ−ンサ−ン(Lane-Xang)・ホテルの紹介です。

 

vientiane.jpg (57824 バイト)

 

首都ビエンチャンの真ん中(B)にあって便利。メコン川に面して風光明媚。

 

118601.jpg (36754 バイト)

 

手入れが行き届いた庭。裏にはプ−ルもあって鉄筋4階建て。2.3階が客室で、4階はイベント・ホ−ル。『地球の歩き方』によると、
「ラオスが社会主義時代には(今も建前は社会主義) 外国の要人、国賓が泊まった有名なホテル」です。

 

118613.jpg (29344 バイト)

 

118618.jpg (52683 バイト)

 

玄関を入ると大理石の床、トイレも大理石、チ−ク材をふんだんに使った重厚感の内装。さすが国賓級です。が、このドア・ボ−イとテ−ブルクロスの色合いが何となく社会主義色です。

やたらと従業員がいて暇そうです(男の授業員は特に暇そうでした)。が、二日目に廊下を歩いていると 『 abeさま 日本から絵はがきが届いております〜』と声をかけられたので、してないようでしっかり仕事してるのかもしれません (-_-)゜zzz・・・

  

118622.jpg (23048 バイト)   118630.jpg (19922 バイト)

 

メコン川が見える奇数番の部屋希望でしたが空きが無くて、偶数番の部屋へ。近代的ホテルと比べて古びてはいますが広々した部屋ですが・・・やや問題点が @ル−バ−式の窓を開けるとちゃんと閉まらない → 蚊取り線香持って来たから安心。問題なし Aベッド灯が1個無くなっていて、残りもはずれそうに。ま、いいか。

 

118623.jpg (20688 バイト)

開店以来改装無しの広々したタイル貼りのバスル−ム。あれ風呂栓が無い。『お風呂の栓持ってきてね』 は〜いとお返事はありましたが、その後音沙汰無し。洗面台の蛇口がグラグラじゃね。と、下を覗いたら、中国製の怪しい超小型湯沸かし器が・・・(-_-)゜zzz・・・。 そうか!これじゃ湯船に湯が貯まるの3日はかかるか・・・風呂栓はいらんね。

というわけで、他の隊員の部屋も探索してみると 
『窓が開かん・・・』 『エアコンは音だけで暖かい・・・』 『イスが無い・・・』 『ベッドのスプリンガが完全に臨終状態・・・』

なるほど偶数番の部屋は何かが欠けていて、泊まったら 『もう2度と泊まらんぞっ!』 が分かりました。それなりに満足に稼働している部屋は?メコン川に面した奇数番の部屋の何割かだけのようです。長逗留の人はみんな奇数番の部屋を割り当てられているようでした

何でこんな事に??? それは・・・・ソ連、東ドイツ、東欧諸国、かつての中国、壊れそうな北朝鮮が採用していた社会主義のせいに間違いなし!

1 五カ年計画とかを計画する  2 目標が達成できたかどうか成果を報告する 3成果主義だから どうなるか分からない遠大な計画、将来性のある計画を立てない 4つじつま合わせの報告書をつくる 5 目先の成果を求める、せこい奴だけが評価される。 6 縁の下の力持ち的な仕事はしない

ような社会では 教養とか常識とか、夢を追うような人は評価されない。し、ハマちゃんもトラさんも生きて行けない。そんな社会は滅びるのは歴史的事実です。

のような、やり方で滅んだ社会主義国家のやり方をそっくり真似しようという日本人がいるから驚きです。小泉一郎君 あんたの事です。小泉一家の顔ぶれを見ると、教養とか品性とか人格とか・・・の顔つきが誰もいませんね。日本は大丈夫でしょうか?・・・

 

118604.jpg (27902 バイト)  118602.jpg (20985 バイト)


その後何とかメコン川が見える部屋に移動できました。朝に夕に。メコンの眺めは最高です。日当たりの良いベランダで、洗濯物もよく乾きます。
ちょっと床が傾いているような気もするけど(右端)、テレビは新品だし、NHKも写る。

 

118605.jpg (19867 バイト) 一つだけ不満がありました。3畳ほどあるバスル−ムは内装もやりかえ快適。ですが、あるはずのバスタブが無い。あるのはシャワ−の蛇口だけ。シンプルすぎて寂しい。バスタブが設置されるのは何時でしょうか・・・ (-_-)゜zzz・



結局ラオスでの3週間一度も湯船に浸かれず疲れました。シャ−ワ−しながらの洗濯も大変疲れました。

 

 

 

 

118614.jpg (28372 バイト)  118615.jpg (27481 バイト)

 

朝ご飯はバイキングで盛りだくさん。朝ご飯で栄養を確保できました。

ラオスのオレンジジュ−スは、どこでも、生のオレンジを絞ってなので最高に美味です。

 

118629.jpg (52489 バイト)

 

一度だけ間違ってホテルで夕食を食べました。ショ−がありましたが、クオラ−オに比べて3段階くらい
落ちますのでおすすめできません。舞台の色合いは目が痛い、完全に社会主義色でした。

 

しかし、それぞれは懸命に働いていて、好感が持てました。

 

118609.jpg (18104 バイト)  118610.jpg (20413 バイト)

 

9時半を過ぎると7人組の掃除のおばちゃん達が部屋に来ます。『邪魔しないでね』のカ−ドを下げていてもドヤドヤと入ってきます。一度『今パソコンしてるから後で掃除して』とお願いしたら、その後掃除するのを忘れていたのでその場でやってもらうことにしました。

きれいなチョウチョウじゃね! 乾かし中。触ったらいかんっ! カブトムシは食べるん? 乾燥させとるの!足で雑巾がけするん? ラオスじゃ常識。

 

118625.jpg (25108 バイト)  118624.jpg (21395 バイト)

 

ホテルを出入りする時は便利な裏口専門で。毎日がんばってる庭掃除の人。お客が出入りする度に敬礼してくれる(敬礼するのが仕事です)おねいちやんです。いつもありがとう。

私はかつては一流ホテルで今は・・・というホテル大好きです。細かい事は我慢して、部屋も広いしゆったりした造り。ビエンチャンにまた行くことがあったらきっとこのホテルに泊まります。一泊25ドルのラ−ンサ−ンホテルの紹介を終わります。

 

Back   Wb00955_.gif (255 バイト) Home   Next 

 

*ラオスの旅 何かと言えば女性の写真が多い (-_-)゜zzz・・・という意見を貰いましたが、
私は男ですから、女性の写真が多くなるのは自然当然です。男の写真が多かったら心配です