1161 ラオスの旅(41)凱旋門

 

金曜の夜、ビエンチャンのランサン・ホテルに帰還。これから1週間滞在。の、間に報告書が3通か・・・(-_-)゜zzz・・・ですが、

『明日できる事は今日できる』 主義の小心者なので、バンケン村で密かにパソコンにメモしながら災難に備えておいたので・・・金曜日夜から特急で仕上げ。土曜日は朝から加速して、朝のうちに98%完成。あとは夜に点検で完成。

すぐに提出もなんなので・・・日曜日は熟成させておいて・・・日曜の夕方にホテルに「みんな元気でやってる?」かと心配してやってきた、雇い主の現地駐在員で、隊の責任者で、細かい気配りでラオス旅を世話して下さった、Tさんに 3通の報告書を 『できました』 と提出。『やっぱし(-_-)゜zzz・・・ どうせ一番だと思ってました』。

この『やっぱし (-_-)゜zzz・・・』あたりのお言葉気がかりです。が、Tさん、ラオスではありがとうございました。この6月には3年間の勤務も終わり、日本に帰国ですね。あと少し、元気でやってるでしょうか

 

というわけで、土曜日の昼前にはめでたく、出動可状態にこぎつけました

 

116122.jpg (46359 バイト)

 

気がかりなのは、タ−ト・ルアン見物に行った時に横を通って眺めたこの凱旋門(風)のような建物です。

 

116102.jpg (53473 バイト)

 

1週間借り切っておいたレンタル・自転車に乗ってさっそく出動 (ホテルのテラスでコ−ヒ飲みながら悠々と流れるメコン川を眺めながら・・・ゆったりと、ができない損な性格です)。

ホテルを出て、左折するとビエンチャンで一番の通り、たぶんパリ風(パリ行ったことなし)のランサン通りに出ます。小さな街なので遠くに見えても、凱旋門がすぐ近づいてきます。が今日は暑い。

ゆるかな坂なので自転車で走るとさらに暑い。こら〜そんなとここで写真撮ってっ!危ないぞの「ピッピッピピ〜」 警官の笛が。すみません。

 

116120.jpg (34465 バイト)

 

着きました。

 

116121.jpg (53288 バイト)

 

今来た道を振り返って撮った写真です

中にはお土産店もある階もある、見かけよりかなり大きな建物で8階建てくらいはある感じ。歴史色をしているのでフランス人がパリを懐かしんで建設か?と思っていたら 

1960年代に内戦で戦死者の慰霊のために建設を始めた記念碑=ア−ヌワワリ−。その後、社会主義から開放経済政策に転換した時、凱旋門=パトゥ−サイと名前を変え。今も建設途中だそうです。が、いつになったらどういう風に完成するのかは謎のようです。入場料を払って、階段を登ります。暑〜っ。

 

116105.jpg (51958 バイト)


汗だくになって最上階のテラスに到着。今、来た、ランサン通りの、街に西側の風景です。

一番の賑やかな地区で、賑やかな商店街もありますが、高くても4階建てくらいのなので、街が見えません。


116109.jpg (40041 バイト)


振り返ってビエンチャンの街の東部。どこかに国会議事堂があるはずですが、緑の間で分かりません。右端の方に、タ−ト・ルアンがあります。

 

116107.jpg (47579 バイト)

 

南にはメコン川が見えます。お城のような建物は、探検予定の、2004年に建った、ビエンチャンで一番高い=ラオスで一番高い、ド−ンチャン・パラスというホテルです。

というわけで、どっちを見てもこんな感じ。歩くと、ぐちゃぐちゃのアジアの街ですが、見下ろすと緑濃い首都ビエンチャンです。

 

116111.jpg (43249 バイト)   116110.jpg (19686 バイト)

 

屋上には4つの塔が。ラピスラズリ色の塔の先端は金色の仏様が東西南北を見ろしています。

来た頃は雨がちで涼しかったラオスですが、だんだんと青空も増えて蒸し暑くなってきました。体がもつか心配に。

 

116114.jpg (18603 バイト)

 

暑かったけど、ビエンチャンの様子が分かって満足の凱旋門探検でした。
1階の切符売り場に戻るとキップ売りのおにいちゃんはお昼寝中。

これがアジアの昼間の正しい過ごし方です。と、分かってはいるんですが・・・

Back   Wb00955_.gif (255 バイト)  Home    Next