1119 ラオスの旅(13)あとちょっと散歩

 

vientiane.jpg (57824 バイト)

 

111903.jpg (28921 バイト)



ごひきのパン屋があるナムブ広場をまっすぐ上に(上の地図で)3分歩くとビエンチャンでも3番目くらいに広い
サムセンタイ通り。日本の援助で建てられて国立文化会館が。使っているんかな?というくらい閑散としてきれい。

 

111906.jpg (46079 バイト)   111902.jpg (33457 バイト)

 

の通りを隔てて、真向かいが国立自然博物館。日本の田舎の大きな公民館くらいの広さ。ちょっと中に。

 

111905.jpg (29832 バイト) 111904.jpg (33769 バイト)

 

土曜日だというのに不気味なほど人気が無かったので、庭だけにしておこう。サンタンカの花であこがれのトリバネアゲハ、「キシタアゲハ」発見っ! よしよし、日本に帰るまでに1匹は捕まえるぞ ワクワク。と、期待していたらキシタアゲハを見たのは3週間でこの1匹だけ・・・・ラオスの心残りです。

 

111909.jpg (42120 バイト)



の隣は、ビエンチャンで一番の高級ホテル(そのうち紹介を予定)Lao Plaza Hotel のに剪定した木が面白い。

 

111901.jpg (29861 バイト) 111907.jpg (48572 バイト)
    ↑ 
首都ビエンチャンの大通りの雨上がりのノンビリの風景。安らぎます。

←東南アジアでよく見るゴミ箱。どの国で作っているんでしょうか?

 

111912.jpg (35383 バイト)

 

プラザ・ホテルの前をまっすぐ歩いて、左に曲がると 上の地図にも出ている タ−ト・ダム(黒塔)。何のため?いつ頃建てられたかは? 謎のようですが、とにかく名所。

タイ最北部のチェンセンの街で見た仏塔に似ているなぁ〜

この近くにはアメリカ大使館がありますが、警備が超厳しいそうで、怪しい奴と逮捕されたらいけないので、見学はやめておいて。

 

111913.jpg (37856 バイト)


Uタ−ンしてサムセンタイ通りに戻るとタラ−ト・サオ (朝市場 上の地図のA) の緑の屋根が。雨が今にも降ってきそうだし(すぐに30分間激しく雨が降りました)、市場の中をぶらぶらして。今日はよく歩き廻ったし。散歩の続きはまた明日に。

Back   Wb00955_.gif (255 バイト) Home   Next

 

111910.jpg (44309 バイト)


桜の花くらいの大きさの木の花。名前はさっぱし分かりません。

のところ、さっそく

はなうさぎさんから HPを教えていただき中国では生薬として有名な 「使君子」 と分かりました。

本名は Quisqualis indica 「シクンシ」は、インド南部、ミャンマー〜マレー半島、ニューギニア地域原産の常緑木本性つる植物である。この植物の学名(種小名)"indica"は、「インドの」という意味である。また、この植物は、英名で、"Rangoon creeper"と呼ばれている。「ミャンマー(ビルマ)の首都ラングーンのつる植物」という意味である。このような名前からも、「シクンシ」は、インドやミャンマーが原産地であることがうかがえる。

のだそうです。はなうさぎさん ありがとうございました。