1113 ラオスの旅(8)タラ−ト・サオ 1階

タラ−ト・サオ 一階の紹介にうつります。

 

111323.jpg (78738 バイト)

 

一番多いのは生地屋さん。こんなお店が果てしなく、と思うほどいっぱい。これといった特産品がないラオスですが、ラオス模様や刺繍をした木綿や絹の織物がおすすめです。裾に西陣の帯のような模様が入った生地で、ラオスの伝統のスカ−ト(=シン)をつくります。どんなんかはそのうち画像を見付けておきます。

ラオス模様の生地や、刺繍の生地で作った袋物やテ−ブルクロスの小物屋さんもズラリ(買うのに忙しく写真撮りを忘れました (-.-;)y-~~~) その他竹製品などの観光客用お土産屋さんも20店くらい

 

111320.jpg (35535 バイト)

 

手前は文房具屋さん。小さな食堂も勝手にあっちこっちにありました。


111313.jpg (63420 バイト)

 

まあ、あんた元気だった! この袋の中身がどうしても分かりませんでした。

 

111312.jpg (51444 バイト)


20000キ−プに負けて〜 

 

建物の周囲は勝手に出したような店だらけで足の踏み場もありません

111303.jpg (42023 バイト)


漢方薬屋?さん。商品山積み。一番下は3年前に積んだか?という商品が。商売気無し。


111307.jpg (54068 バイト)

果物だけは安心して食べました。ドリアン、マンゴスチン、マンゴ−、大好きなランブ−タンも格安。甘すぎる日本のミカンに比べ、甘みと酸味が調和したラオスのミカン類は申し分無し。



111306.jpg (20822 バイト)    111315.jpg (37179 バイト)

 

一番感動したのはザボン?(左)。日本のザボンは薄皮だらけの上げ底ですが、ラオスのザボンは皮が薄く全部、実。一粒食べると腹6分。味も最高に美味でした。
最近各地で流行の、ドラゴンフル−ツはよその国の2倍はある巨大さ(ドラゴンフル−ツは個人的は嫌いです)


111305.jpg (41380 バイト) 111319.jpg (47944 バイト)


果物屋のおばちゃん!ザボンの横の金ダライの中!蚕のサナギ煎りと違う? もっと離して売ったら!

余計なお世話、カエルの干物より可愛いじゃろっ!


111302.jpg (31349 バイト) 111308.jpg (38544 バイト)

おお〜っ ラオスにも「たこ焼きが!」 焼き芋は普通。格安の焼きバナナはおすすめの一品です。なお、このたこ焼きは、たこ焼きに見えてたこ焼きでなし。ココナツミルク味、ただ、甘いだけの固まりです。

 

111316.jpg (30287 バイト)

焼きバナナのお供にジュ−スはどう?中身見てみる?
甘く煮た豆各種、ほらタピオカも入ったココナツミルクも。


色が怖いから止めとくね。

 

111322.jpg (58084 バイト)


『タラ−トより安いよ〜』。お土産に買っておけばよかった竹製品・・・売りのおばちゃん

 

111310.jpg (24352 バイト)

タラ−トの営業は4時まで。さっきまであんなに賑やかだったのに・・・

ビエンチャンの名所、ラタ−ト・サオの簡単な紹介を終わります。

Back     Wb00955_.gif (255 バイト)   Home    Next