1111 ラオスの旅(6)ビエンチャンにて

8月12日金曜日、無事小雨模様のビエンチャン到着。今日と明日はビエンチャンに泊まって、ラオスのお世話になる人達を訪問して 挨拶+準備。日曜日の午後、ビエンチャンの北、約60キロにある、Bankeun (ケウン村)へ移動の予定。

*今回の旅はそのBankeunとビエンチャンを行ったり来たりしながら、そこらを探検したので、同じ地点を何度も探検。画像5000枚がグチャグチャになっていて、画像を場所別に整理するような面倒は頭痛の素なので、今回は日を追っての旅日記に。申し訳なしです。

で、とりあえず二日泊まる Lao Hotel へ。ビエンチャンには設備ほどほど良し、値段良しの外国人向けのオテルを、撰ぶほどホテルがありません。(一日数ドルのゲストハウスは多々ありそうでしたが)。

 

111107.jpg (42787 バイト)



 

何室ぐらい使用可の部屋があるか分かりませんが、外国人や日本のNGO関係の人達がよく利用するホテル
一応鉄筋。英語を話せるフロントの人もいますが、家庭的というか旅館的ホテル、一泊20ドルでありました。

 

111102.jpg (16968 バイト)  111103.jpg (17711 バイト)

 

何とかぬるいお湯が出るシャワ−もあって、テレビもあって、古い家具も置いてあって。
(全般的な注意:写真という物は実物より3段階くらいはきれいに見える性質があります)

ま、何とか泊まれる高いけど。1泊20ドル=ラオスの月収の2/3。窓を開けて外を眺めて見よう〜!

 

111101.jpg (36647 バイト)


窓を開けると、近所の家の裏が \(^o^)。お馴染みの典型的な東南アジア色。落ち着く〜。
ホテルはビエンチャンの中心地に近い便利な場所。東京で言えば新橋辺りになるでしょうか。


111106.jpg (50465 バイト) 111114.jpg (42998 バイト)


ホテルを出ると右手には果物屋さん+夜には食堂に。右にも食堂らしいものが・・・
この辺でご飯屋を見つけなくてはだな (-_-)゜zzz・・・

110301.jpg (37119 バイト)

(地元の人がくる、こんな感じの食堂はいっぱい)

111116.jpg (56350 バイト)

よっしゃ もうちょっと歩いて見よう新橋を。

 

111110.jpg (61462 バイト)
111111.jpg (56537 バイト)

 

むむっ。確かに東南アジアの街。しかし、人があまり歩いていないっ! 普通は人の波の怒濤熱気があるのに、ちょっと違うなぁ。首都ビエンチャンは人口30万人ですが、その後、大体自転車で用が足りるくらいの広さで、自転車で走っても安全な人と車度と分かりました。


111115.jpg (58277 バイト)


とりあえず、明日からの生活費確保。マネ−・エクスチェンジ屋さんに行って、現地のお金 キ−プに交換。100ドルお願いしま〜す(円は通用しません から 日本からドルを持参)。108万5千キ−プに( 1円=100キ−プくらい)。キ−プでもキップでも、108万!!あっという間に金持ちになって、幸せです。

 

111112.jpg (35513 バイト)


季節は雨期の終り頃。しとしと雨が降ったりやんだりのラオス。日本の梅雨のようですが、最高気温は30度くらいで(最低気温も25.6度)、日本の夏より涼しくて、でしたが、湿度が高いので、ちょこまかするとすぐ汗が・・。

慣れは恐ろしいですね。ラオスの人は少しくらいの雨は傘なしで平気で歩いています。私も3週間、雨が降っても一度も傘をさしませんでした。

しかし、ビエンチャンの街、雨が降るとすぐ赤土の道に。も、すぐ慣れました。

Back    Wb00955_.gif (255 バイト)   Home    Next