1091 ケアンズの旅(31)おまけ

旅の課題・難題はお土産です (-_-)゜zzz・・・  ケアンズに来てから、気がついたのは 『オ−ストラリアには有名な完全植物性の化粧品がある』。

 


left-image.GIF (56216 バイト)

 

これです。肌と地球に優しい100%植物性 JURLIQUE社 の化粧品。日本でも静かなブ−ムらしく、銀座に日本本店があって、デパ−トなどで売られているという評判。で、さっそく食いつきました。安売りはないかと、ショッピング・センタ−などにあるドラッグ・ストアを探索しましたが、現地でも値引きほとんどなし。高級化粧品として扱われていることが判明しました。免税店でも同じ。定価販売。

サ−ビス情報

使ってみると 『大変調子がいい』 そうで(意味不明)、買ってきた分を使い切ったので、福岡のJURLIQUEへ出動すると 『現地価格の1.5倍〜2倍の値段で売っているっ!』そうです。

こんな時はインタ−ネットが役立ちます。さっそく オ−ストラリア本社のHP を見ると通信販売が。が、通関手続きなどをするのが面倒で・・・それに英語で通信するのが面倒で・・・

そうだ 『地球の歩き方』 にも出ていた日本人がケアンズで経営する FUJII Store(フジイ・ストア) へ。小さな店でしたが、実際に寄りました。藤井さんはなかなか良心的。

 

109102.jpg (28213 バイト)

 

この国のゴミ収集車は巨大。なんでかな?でしたが。オ−ストラリアでは、ビンでも缶でも、生ゴミでも一緒にゴミ箱に。分別は集めた後、民間の会社がするそうで(その分、ゴミ処理費は高い)、何でも乗るようにこんな大きなゴミ収集車に。オ−ストラリア・ドル急騰の謎、ケアンズの天気の真実・・などなど、藤井さんに教えて貰いました。オ−ストラリ情報にも明るく、好感度100でした。

どうしても、JURLIQUEの化粧品なら、藤井商店へ。HP上で日本語の申し込み書に記入。すぐに日本語でメ−ルが帰ってきます。で、お支払いはカ−ドか郵便為替ですが、カ−ド番号をHPで記入するのは怖いので、カ−ドの番号を書いてファックスで送ると、1週間もたたないうちに無事到着しました。手数料と送料がかかりますが、それでも日本で買うよりは、3割〜5割は安いそうです。暇な人はお試し下さい。

 

109106.jpg (24203 バイト) 化粧品の効果は定かではありませんが (-_-)゜zzz・・・、間違いないのはこの、ユ−カリ・オイル。殺菌効果、さわやか効果 抜群です。

風呂に一滴入れると目から鼻へ抜けるような強い香りで目が覚めます。三滴は多すぎ・・・

洗濯の際にも一滴・・・ 100mlで850円くらい。藤井商店で化粧品を買う時についでに頼むと、送ってくれるはずです。でも、日本でも売っているでしょうね?

このビンの蓋、回すだけでは開きません。押して回す。小さな子供が間違って飲んではいけない。の、工夫のようで、大抵の物はそんな方式に。なかなか偉いですね。

 

お前も何か買っただろう (-.-;)y-~~~

 

109107.jpg (22546 バイト)

 

はい、こんな物やあんな物を拾いました。

 

109108.jpg (22669 バイト)

 

2品だけ買いました (-_-)゜zzz・・・ アボリジニが握り拳大の石に描いた絵、  

それから・・・

109109.jpg (25371 バイト)

 

実は密かに努力して買った品です。数あるオパ−ル店の前を通るたびに、厚みが少なくて製品になりにくいオパ−ルが入った石、1個5ドルのを6個。これも握り拳大。

オパ−ルの量で値段が決まっていて、5ドル〜30ドル。相当時間をかけて積み上げた石をしっかり眺めて、ひっくり返し、いいなと思うと30ドル (-_-)゜zzz・・・ なかなか渋い商売をするオ−ストラリア人です。

 

109110.jpg (28226 バイト)   109112.jpg (29406 バイト)

109111.jpg (29374 バイト)

 

オパ−ルの輝き、きれいですね。この石を割ると中にもっと分厚いオパ−ルがあるかも・・・しかし、まだ決心がつかず、そのままにしています。、というケアンズの旅の報告これで本当に終わります。

 Back    Wb00955_.gif (255 バイト) Home    最初に戻る