1044 ケアンズの旅(25)海岸通りの海はマングロ−ブの干潟


104435.jpg (37273 バイト)



ケアンズの海(ケアンズ湾)は白いサンゴの砂浜と思って行ったら、実は泥海の干潟。やはり、旅は大切です。
ただし、市内から少し出て湾を出ると、サンゴの海、砂浜が拡がっています

 

104438.jpg (65235 バイト)

 

こんな、高さ50cmくらいの若い木が無数に生えています。ヒルギの若木。
ヒルギはマングロ−ブの樹木。ケアンズ湾はマングロ−ブの干潟です。

 

104437.jpg (41570 バイト) 104434.jpg (31891 バイト)

 

   海を漂って流れ着いた、棒のようなオヒルギかメヒルギか種子が
   無数に落ちていて。運良く泥に突き立つと、
   ←のように育って行きます。

 

 

 

 

 

104431.jpg (26354 バイト)  マングロ−ブの干潟は生物の宝庫。

 時間がないので無数の貝、鳥は割愛。とりあえず
 ケアンズの名物料理の食材(高価)、マッド・クラブ
(上海蟹の親戚?)を発見。

 

 

104436.jpg (48204 バイト)

 

見渡す限り1.2年の若木のみ。大きくなる前に暴風の大波(ケアンズは台風=ハリケ−ンがきます)にさらわれてになるのでしょう。陸(マングロ−ブ林になる)と海の闘いです (-_-)゜zzz・・・。ここがマングロ−ブ林になるのは数千年後?数万年後?楽しみです。

遙か対岸にはマングロ−ブ林が。その真ん中にに白く写っているのはケアンズ空港の管制塔。ケアンズ空港はマングロ−ブ林に囲まれています。

 

104411.jpg (38838 バイト)

104412.jpg (26001 バイト)

 

小雨の中、車で15分のケアンズ空港へ行ってみました。さすが、オ−ストラリア。マングロ−ブ林の中を巡る遊歩道が。この中へ入っていくと面白くて3日くらいは出てこれません(西表島で体験済み)が、やめておきました。西表島で見た、メヒルギやヒルギダマシに似たマングロ−ブの葉の上でアカシジミ(?)が休んでいました。

オヒルギやメヒルギは冬を温室に入れておけば本土でも育ちます。確か沖縄では3本千円くらいで売っていたような・・・ケアンズの海岸通りの海辺では、10分で2〜300個は拾えそうなので・・・1本200円で売って、30分では・・・さっそく集めて・・・・というくらいヒルギの種子が落ちていて感心しました。が、そんな泥の浜辺をウロウロしている人は他に見かけませんでした。面白い場所なんですが・・・

Back    Wb00955_.gif (255 バイト)   Home    Next