1043 ケアンズの旅(24)海岸通りを散歩

 

104334.jpg (30910 バイト)

 

ケアンズ港にあるラディソン・プラザホテルから数キロは海沿いの散歩道が続きます。
大観光地のケアンスですが、実に広々しているので、人が集まるこの海岸通りも、混んでいません。

 

104320.jpg (24131 バイト)

 

プ−ルもあって、晴れの日も雨の日も、朝から夜まで夜中まで誰かが泳いでいます。

 

104327.jpg (92679 バイト)

得体が知れない不気味系の、とてつもなく大きな木が並んでもいます。夜この下を通ると、取り憑かれそうです。が、
人が住む前のケアンズにはこんな木々が茂っていたのでしょう。

 

104324.jpg (35931 バイト)

 

そして、こんな大きな木の幹や枝には枯れた葉のような物が貼り付いて、それから緑の葉が出ている、ケアンズの木ではよく見かける不思議系植物の、オニキカクシダのような植物が取り憑いています。

 

104328.jpg (48190 バイト)

 

夕方が来ると食べ物を持った人が集まって、所々でバ−ベキュ−も始まります。

 

104332.jpg (57230 バイト)104321.jpg (28822 バイト)

104329.jpg (32609 バイト)104330.jpg (33561 バイト)

 

シドニ−オリンピック聖火リレ−の記念碑。第一次世界大戦の大砲。第二次世界大戦の大砲。マッカ−サ−のアメリカ軍は、日本軍に終われてケアンズに撤退。ここからニュ−ギニア島、ボルネオ島などへの反攻作戦が開始され、たくさんの国々の人が死にました。オ−ストラリアは大英帝国の一員。連合軍として日本軍と闘ったことを記憶している人もいます。
戦争には無条件で反対です。が・・・中国、韓国、台湾、マレ−半島の国々、フィリピン、ミクロネシア、インドネシア、パプアニユ−ギニア・・60年前に日本が侵出していた場所。そのエネギ−をもっと良いことに使えばよかったんですが。世界地図を開けて眺めてみると、その広さには驚きます。

Back      Wb00955_.gif (255 バイト) Home Next