1031 津黄(つおう)、『竜宮の潮吹き』


yamaguchi-map.jpg (21055 バイト)


 向津具半島(むかつく)は日本海の美しい海岸が続く半島です。11月27日、その真ん中辺りに出かけてみました。

 

10318.jpg (28809 バイト)

 

風もないのに、大きな波が次々と打ち寄せてきます。これが、この季節の日本海の魅力です。
そうだ!こんな日は、この場所から車で10分の津黄の『竜宮の潮吹き』へ行くチャンスです。

 

10311.jpg (38557 バイト)

 

向津具半島はどこに行っても、日本海に滑り落ちそうな急傾斜が続く半島です。津黄はそんな急な斜面に家がへばりつくように建っている、小さな入り江に面した漁村です(この写真は資料映像の夏の頃)。『竜宮の潮吹き』は写真、真ん中の海に突き出した岩の海岸にあります。

 

 

10312.jpg (27998 バイト)

 

夏はイカ漁、海が荒れて漁ができない冬は杜氏。が、最近までの向津具半島の暮らしでした。実は酒造−杜氏のル−ツはこの向津具半島あたり。向津具半島の人々が日本各地に出かけそれを伝えた。と言われています。中国や朝鮮半島に近い山口は先進文化の入り口だったからです。と、言ってる間に穏やかに津黄の夏の日は暮れていきます。

 

10313.jpg (29493 バイト) 夏だから海が穏やというわけでもありません。
低気圧が近づくと、海はすぐ大しけ。海の様子が目まぐるしく変わる、が日本海の魅力です。

 

 

ここからが本題です。11月27日はこの写真の対岸から、今立っている場所(下の写真の左端)の方を眺めてみました。

 

10317.jpg (36907 バイト)

 

風もないのに大きな波が打ち寄せる日は、『潮吹き』が見られるチャンスです。

 

 

10314.jpg (23063 バイト) 10315.jpg (21435 バイト) 10316.jpg (18261 バイト)

 

今日は大当たりの日でした。強い波が岩を削って、海面の下には洞窟のような穴が。そこへ、波が力いっぱい入り込んで、上の方に、煙突のように開いた、出口から、高々と吹き出す。面白いでしょう!? と、思うんですが・・・・。とにかく、これが津黄の竜宮の潮吹きです。

 wb00860_.gif (262 バイト)  Home