1029 クワティ−(QWERTY)の謎

秋の夜長。最近短い文の更新が続いているのでたまには長い文でも。が、この話、割と有名なので・・・知ってる人は知らないふりでお願いします。では。

 

今日の教訓

(1)森羅万象の憲法第一条
全てのそこにはきっと深い意味がある。きっと合理的な何かがある。しっかり考えなくては・・・。と、思いたい。
その気持は分かります。が、それは間違いです。そこらに落ちてるものを、その場しのぎで使ってみて、結果よければ全て良し。が、自然、生き物というものです。と、ダ−ウィン先生も言っています。

そんな事は無い!だんだん
進歩して、それは優れている。と、考えたい気持ちも分かりますが、それも間違いです。そうういう風に考える人は、「人間は他の生き物より優れている→優れた人がいる」 となりますが、人間も生き物ですから生き物の法則に従っています。その場しのぎ。何とかやりくりしながら、何とかやっていく。優劣も無し。100点を目指して、しかし、それがなかなかできない。から、希望がもてる。というものです。100点だったらすること無し。つまりません。

(2)森羅万象の探索の基本技術の法則
なぜ(
WHY)と考えるのはやめましょう。「そこにはきっと深い意味がある」と、探そうとするのでとんでもない所に着いてしまいます。「どないなっとんのや!=HOW 」が大切。原因は意外な所にあります。

 

それでは今日の問題です

 

『キ−ボ−ドの配列は なぜ QWERTY なんか????』

BD00028_.WMF (1026 バイト)

10291.jpg (19031 バイト)

 

パソコンのキ−ボ−ド。NECであろうが、SONYであろうが、マックは嫌いあるが、へちゃでもめちゃでも、他の部分は違っていても、キ−ボ−ドの A〜Z のアルファベットの配列は、一番上の左から QWERTY となっていて、絶対みんな同じです。QWERTY配列(そう呼びます)となっています。なぜなん?でしょうか。深い意味があります (-.-;)y-~~~

 

 

それでは答えです

それは・・・ 無料タイプライタ−教室を開いたからですっ!

 


rainbow1.gif (6234 バイト)

 

(1)タイプライタ−は1868年に、ミルウォ−キの C.ショ−ル と J.デンズモア が発明しました。

 

10296.jpg (29223 バイト)

 

10295.jpg (37396 バイト)

 

(2)タイプライタ−はキ−に触るだけでなく、打つ、押さえ込む。

と、キ−に連動して、ハンマ−が起きあがって、その先に付いている活字が紙をたたく。パタン a  パタン b カシャン e   指の力がいる。同じ強さで滑らかに打ち続けないと、字の濃さもまちまちになって。打ち間違いも許されず・・・

    → タイプライタ−はキ−と印字(印刷)が連動している、道具です。

(3)A〜Zのキ−配列。

英語の単語の70%は DHIATESNOR 。ので、そんなキ−は、指の力も入りやすい、人差し指で打てる手前に(ホ−ム列)におくのが合理的。=よく使う文字を、打ちやすい位置に固めておくと早く入力できる。

が、問題は印字。隣あったハンマ−が早い速度で上下すると、必ず互いに絡まる。

楽に、早く打てて(あまり早すぎないように→ 早すぎると絡まる。) そんなキ−の配置は???・・・・そうだAは、打ちにくい小指で。一番端にして。Eは少し離して・・・・と工夫がされました。

その結果、最初の頃はさまざまなキ−配列のタイプライタ−があったそうです。

 

そして、二人は1872に QWERTY 配列のタイプライタ−を発明しました〜!

10292.jpg (22269 バイト)

 

パソコンのキ−配列はこの、タイプライタ−のキ−配列を踏襲しています。

 

(4)
@各種のタイプライタ−があったのに?、
Aこの QWERTY 配列が一番優秀だったかどうかも??
だったのに、なぜタイプライタ−はQWERTY 配列になったのか??それは

このQWERTY配列のタイプライタ−を使った無料タイプライタ−教室を開いたからですっ!

タイプライタ−が打てる人はいい職につける。花形職業の秘書やタイピストになれる!!と、習いに行った。無料だし。

「今日から秘書に採用されたジェニファ−です。」「タイプができるらしいね。助かる。さっそくタイプライタ−を買いなさい」「はい社長。いろいろありますが、私はQWERTY社なら打てますので、それにしていいでしょうか?」「よろしい。で、君は独身かね?」 全米の各職場で、以下同文。

 

(5)20世紀半ばには、電動タイプライ−が発明されました。印字はハンマ−式でなく、もう、どんなに早く打ってもからまることがないボ−ルヘッドに。DHIATESNORを固めて手前にもってきて、楽に入力できるキ−配列に変えるチャンス到来。でも、しませんでした。

(6)タイプライタ−の時代も終わり、パソコンの時代に。印刷はプリンタ−がする。キ−は入力するだけ。DHIATESNORを固めて手前にもってきて、楽に入力できるキ−配列に変えるチャンス到来。でも、しませんでした。きっと面倒くさかったからでしょうね。

 

最新の技術を集めて作られて、最新の何かを生み出す道具のパソコン。どんどん進化して 「もうどうなっとるんっ(-.-;)y-~~~」 と悩ましいパソコンですが、どんくさいQWERTYキ−ボ−ドで入力する。とこが安らぎをおぼえ、嬉しいですね。ま、パソコンもその場しのぎで、何とか使えれば。ということで。許してやることにしています。

 

 

Wb00955_.gif (255 バイト) Home

答えは意外なところにある。進んでいるようで、いいかげんなとこもある。の話でした。ところで、携帯のキ−はどうなっているんでしょうか? それはそれとして、若者達は歩きながら、キ−も見ないで、ブラインド・タッチで入力しています。すごいっ!