1008 トリカブトの花

9月11日土曜日、その頃かなと見当をつけて、トリカブトの花を見に行ってみました。

 

10086.jpg (52382 バイト)


台風18号の強風で・・・とやや心配でしたが、見事なまでに満開のトリカブト(タンナトリカブト)の花でした。
妖しいまでの不思議な形、魅惑の色合い。初秋のブル−。何度見ても感激します。

*トリカブトは日本最強の猛毒植物です。古くから矢毒として使われ、当たるとヒグマもイチコロです。毒の主成分はアコニチンで、皮膚から入っても、飲んでも確実に死にます。しかし、中国ではこの怖いトリカブトの根を、烏頭(母根)と附子(子根)と称して、薬にしました。薬=毒、毒=薬という事がよく分かります。が、それを使いこなす技には感心します。

 

 

10084.jpg (36798 バイト) 10087.jpg (26479 バイト)

 

しかし、考えてみると、トリカブトが、少しくらいの台風でヘコタレていたら、何十万年、何百万年も生き延びてきたはずがありません。生き物はタフ。「台風で・・・・」と心配した不明を恥じながら、トリカブトの花を楽しんだ今日でした。

 

Wb00955_.gif (255 バイト) Home

 

10082.jpg (24063 バイト)

 

草原には、雨にも負けず、風にも負けず、ビッチュウフウロの花も咲いていました。よしよし\(^o^)/