鎌倉街道上道が通る東村山市

東京都の東村山市は都の中央部北にあり、埼玉県の所沢市と都県の境をなしています。多摩川と荒川に挟まれた武蔵野台地と呼ばれる地帯の中央に位置します。「東村山音頭」というのをどこかで聞いたことがある方も居られると思いますが、そこでいう東村山とはこの地であると思われます。当ホームページのテーマであります「鎌倉街道上道」が北は所沢市から入り、南は小平市へと繋がり国分寺・府中市へと向かいます。

鎌倉街道上道において、ここ東村山市は久米川の宿があったところと伝えられます。鎌倉街道上道の宿は主な川の南に置かれたことが多いことが、ある研究者がご指摘されていますが、ここ久米川の宿も久米川(柳瀬川)の南岸にあったものと思われます。ちなみにその例として、入間川と入間川宿、越辺川と苦林宿、都幾川と大蔵宿、荒川と塚田宿などがあります。

東村山市と所沢市の境は現在では都と県の境でありますが、武蔵国であった昔も入間郡と多摩郡の境でした。八国山と呼ばれる狭山丘陵が地形的区分を形成していて、鎌倉街道上道においてもここは交通の要衝であったと思われます。

そのような交通の要衝であるが所以にこの地は度々戦場地となることがありました。新田義貞指揮居る討幕軍と鎌倉幕府軍が衝突した久米川の古戦場はまさにこの地でありました。市内の徳蔵寺には有名な「元弘の板碑」が保存館に陳列されていて、申し入れれば随時拝見できます。私も初めて訪れたときに丁寧なご案内を受けたことが記憶に残っています。

またこの地は鎌倉時代以前からも人々の暮らしの中心となることが多かったと考えられていて、市内の下宅部遺跡は縄文時代から古墳時代、奈良、平安時代にかけての複合遺跡として知られ、柳瀬川左岸の所沢市にも東の上遺跡という大規模な複合遺跡が確認されています。

古代の奈良時代初めには、国家体制の基に建設された計画道路である東山道武蔵路が武蔵国府から上野・下野国へ通り、ここ東村山市内でも野口橋付近、本町2丁目、八国山南斜面でその遺構が発掘されています。

国宝・正福寺地蔵堂

鎌倉街道上道が通る東村山市には都内唯一、関東でも数えるほどしかない国宝の建造物である地蔵堂の建つ正福寺があります。

正福寺は寺の縁起によりますと、弘安元年(1278)に臨済宗建長寺派の末寺として、南宋径山寺の石渓心月を勧請開山として、執権北条時宗によって開創されたと伝えられています。
また、北条時宗がこの地へ鷹狩りに来ていたとき病に倒れ、時宗は夢枕に地蔵菩薩が現れ「貴公の命日数ならずこの丸薬を服用せば、立ちどころに病魔退散す」とのお告げがあり、全快したことから、飛騨の工匠を招き七堂伽藍を造営させたとも伝えられているそうです。
(東京都教育庁・東京文化財ウィークのはがきの説明より)

国宝の地蔵堂は鎌倉時代に中国から伝えられた禅宗様(唐様)建築の代表的な建造物で、日本史の歴史教科書などに必ずといって良い位に出てくる、鎌倉の円覚寺舎利殿と全く同じ様式のものです。正福寺地蔵堂と円覚寺舎利殿は姿、形、大きさなど大変よく似ています。建築年代もおそらく、そう違わないものと思われます。指定内容では円覚寺舎利殿は南北朝で正福寺地蔵堂は室町となっているようですが、繰り返すようですが双方とも同じ鎌倉時代の禅宗様式の建築です。

正福寺地蔵堂は国宝の建造物です。国宝と何度も繰り返していないで先に進んでくれとお思いの方もいらっしゃると思われます。そのような方には申し訳なく思いますが、国宝についてもう少し触れさせて頂きたく思います。

そもそも国宝とは何かというとですが、辞書などで調べてみると、「国家の宝、重要文化財のうち、特に学術的価値が高いもの、美術的に優秀なもの、文化史的意義の深いものとして、文部大臣が指定した建造物・彫刻・工芸品・古文書など」このように記されています。
私はこの正福寺地蔵堂が文化財中でも特質べき素晴らしいものであることを強調したかった理由です。

文化財についてまためてみました。こちらのページもご覧下さい。  文化財について

正福寺山門
正福寺地蔵堂
正福寺地蔵堂正面
正福寺地蔵堂側面

正福寺地蔵堂---1234