稲城の丘陵に古道跡は残っているのか
稲城の古道探索-古道2
地図はこちら

稲城の開発予定のある丘陵には、果たして古道跡は残っているのだろうか。先に私は川崎市の新百合ヶ丘駅近くに残されていたという鎌倉街道と伝えられる古道跡を尋ねていました。しかし、そこの情報を得ることが一歩遅れて、土地開発により残念ながらついにそこの古道探索が出来なかった教訓から、何としても稲城の鎌倉街道跡は見ておきたかったのです。

左の写真は貨物の武蔵野線がトンネルに入った付近で、妙見山の東から緑の丘陵地帯へ入っていく簡易舗装された道を撮影したものです。

丘陵地帯へと坂道を上り始めてすぐ間もなく、道の左手の谷底は椎茸栽培の木片が沢山並んでいるのが見られます。稲城の駅からこんなに近いところに椎茸畑があるなんて。副都心新宿から電車で1時間もかからない所とはとても思えない場所です。おや、谷の向こう側にどうも気になるものが目に入って来ます。どうも土塁のように人為的に造られたような土盛りが続いているようなのです。そしてその土塁のように見える土盛りの向こうにも道があるように感じられるのです。

椎茸の栽培場まで降りて行き土塁状の前まで近づいて見たいのですが、縄が張ってあって降りると誰かに怒られそうなのでここはそのまま道なりに坂を登って行くことにします。

薄暗い谷状の坂を登りきると、そこは十字路のようです。さてどの道を行こうか。簡易舗装路の続きは左に曲がる道ようです。その左に曲がる道は深く大きな切り通りになっているのが見られます。左の写真はその切り通し道です。切り通しの途中から簡易舗装は無くなって土の上を歩ける道になっていました。

大きな切り通し道の左手(北側)がどうも気になります。先ほどの椎茸栽培所の向側に見えた土盛りの更にその奥が道のように感じられたので、もしかしたらここの切り通しの左手に合流してくる道がないかと注意深く観察していたのでした。やがて切り通しが終わり左手に竹林が見え始めた辺りで、踏み跡程度の細道が合流しているのを見つけました。ためらうことはありません、合流してきているその細い道を降りて行くことにします。先ほどの椎茸栽培所の向こう側だった辺りに降りられるかも知れないのです。

上の写真と左の写真がその合流して来ていた細道を撮影したものです。この写真が道だというのか?、と思われる方も居られるかも知れませんが古道探しに慣れてきた私には立派な道なのです。紛れもなくここは人が何度も通ったところです。

道はS字状に曲がりくねり斜面を下りて行きます。人が一人通れるほどの幅しかない道です。

この細道はやはり椎茸栽培所のある谷付近まで下っていたのです。右の写真はS字に二度曲終えた付近を撮影したものです。ご覧のとおり下るにしたがい藪草が多くなってきています。この写真では道なんだか、藪なんだか何ともわかりません。しかしこの写真の辺りからいま降りてきた道とは違う、もっと幅の広いと思われる道跡らしきものが、下に向かって左側に見られるのでした。

上の写真のところから更に下りてみるとついに現れました。先ほどの椎茸栽培所の向こうに見られた土塁状の土盛りです。これは紛れもなく人工的に造られた土壁です。この土塁状のものが最近に造られたものでないことは土壁に生えている木の太さからもある程度は想像がつきますが、しかし中世まで遡るほど古いものなのかは私には判断できるものではありません。ただ椎茸栽培所に付随するもとは感じが違うように思われるのです。この土塁状のものはいったい何なんだ!

上から降りてきた細道はこの先も続いているようです。考えてみればこの細道も何の為の道なのでしょうか。谷の反対側に簡易舗装された道があるにも拘わらず、人が一人しか通れないようなこの道を利用する人がいるんでしょうか。右の写真は上から降りてきた細道を下に向かって撮影したものです。写真の左手に土塁状の土盛りの壁があるのですが、実はこの細道と土塁状の間は幅が大凡で3メートル位あり、窪んだ状態になっていて、私にはこの窪みこそが古道跡のように感じられるのでした。その窪みを撮影して見たのですが、藪草が多くて写真にならすお見せできないのが残念です。

このページの写真は12月後半に訪れたときのものですが、冬場でも草がこの状態ですから、道跡らしい窪みを撮影するには藪狩りでもしないとだめでしょう。「多摩丘陵古街道探索会」の資料を拝見すると、この辺りは「大道ルート」という古道が通っていたところのようです。その資料には、やはり謎の土塁についても触れられていました。面白いことにその資料にも「廃道がブッシュがひどくて写真にならず載せられないのが残念」と書かれていて、思わす笑ってしまいました。この土塁状の土盛りがあるところの脇が古道跡ではないかと専門家も指摘されていたのでした。

さて再び細道を引き返えして簡易舗装の道の続きまで戻ります。そこから道を先へと進むところですが、まともな道を歩めない性格の私は、強引に大きな切り通しのところから尾根上へと藪林の中へ入って行きました。土塁状の脇の窪みが道跡だとすればこの尾根の上へと古道は続いているような予感がしたからなのです。そして上の写真と右の写真、更には下の写真のような古道痕跡を思わせる地形が断続的に続いているのを見つけることができました。

しかし、ここに載せている尾根の上の辺りの3つの写真の付近については「多摩丘陵古街道探索会」の資料では、何も触れたれていないようでした。またそれとは別に私が気が付かなかった切り通しの上から尾根の西側へと下りている廃道のことが触れられていました。

「多摩丘陵古街道探索会」の資料を拝見した後でまた一度ここを訪れていますが、そのときに大きな切り通しの崩れた壁を注意深く観察しましたが、箱根西坂の平安・鎌倉古道のような不思議な地層の変化などはとくに見つけることは出来ませんでした。


古道1     古道2     古道3
概要  地図  古道跡  歴史  史跡
稲城の古道探索