忘れられた鎌倉街道・稲城の是政道
稲城の古道探索-概要
地図はこちら

稲城市百村と東長沼の境付近、古道の大道ルートと七曲ルートの間の谷戸風景

関東平野の鎌倉街道といえば、上道(武蔵大路)、中道(奥州大道)、下道(下総・常陸ルート)が知られています。またそれら以外にも各地方の有力武士の館などと鎌倉を結ぶ鎌倉街道が存在したこともわかっています。武蔵国府(現在の府中市)と鎌倉を結ぶルートは鎌倉街道上道が主要幹線路であったことはいうまでもありません。上道のルートは府中から多摩川を渡り多摩市の関戸から町田市の小野路を通る丘陵越えのルートです。そしてもう一つの府中から多摩丘陵を越える鎌倉街道のルートが、稲城市から川崎市麻生区へぬける道として存在していたようなのです。

このルートは鎌倉街道の案内書等でもほとんど紹介されていることはなく、特別に鎌倉街道に興味を持っている人でもなければ知る人はいないほどで、忘れられた伝説の鎌倉街道なのです。

稲城市に鎌倉街道があったんですか?
驚かれる方もいらっしゃるかも知れません。この道は歴史専門家の方でも取り上げることがほとんどないようです。私の知るかぎでは芳賀善次郎氏の『武蔵野の万葉を歩く』の中でほんの僅かに触れられているのと、「たま古街道帥人会」というところで唯一紹介しているだけでした。

古街道研究というものは文献資料を基に進められることが多いようです。最近になってようやく考古学的な視点から道の研究も進められるようになって来ています。「たま古街道帥人会」とは現地踏査などでも積極的に活動されているようでした。

妙見尊から尾根を伝って古道方面に向かう道

私が初めて稲城の鎌倉街道を知ったのは芳賀善次郎氏の『武蔵野の万葉を歩く』という本でした。直接的には鎌倉街道を扱った本ではありませんでしたが、「阿須」という地名が出てくる歌二首の解説でその「阿須」の地として埼玉県飯能市の阿須と、稲城市の東長沼の多摩丘陵の2カ所が取り上げられていました。

その本に載っている両地の地図を見ると面白いことにどちらにも鎌倉街道が通っているのでした。

百村の妙見寺南の尾根を越えたところの古道ではない道

古代の万葉の歌のふるさとがこの稲城市の多摩丘陵の崖状の山かどうかは、その真意はわからないまでも、不思議と共通する「道」というものが古代から中世までは大きな変換がなかったものと素人ながらも想像がつくのでした。

その後に多摩丘陵編のページを作成するにあたり、宮田太郎氏の研究資料を見ることが多くなり再び稲城の古道について触れ、ここの鎌倉街道の詳細がわかって来たのでした。

大道ルート付近を通る道

府中から稲城、そして川崎市の麻生を結ぶ道で私が始めに訪れたのが、小田急線新百合ヶ丘駅近くの万福寺の森と呼ばれるところに残る鎌倉街道跡で、昨年(2001年)の5月始めの連休でした。その時に万福寺の森がまもなく土地開発で無くなるという情報を得ていて、いち早く取材をして置きたかったのでしたが、いざ訪れてみるとそれが残念、開発に伴う発掘調査が行われていて、古道跡は青いビニールシートで覆われてしまっていたのです。せめて古道の写真だけでも撮っておきたかったと悔やんでいたものです。

その後は万福寺の森には訪れていなく、発掘の調査の情報も中間的なものでしたが、これ迄の調査では中世まで遡る資料は発見されていないもようだという程度でした。多方面の噂によると現在では万福寺の森は開発で崩されてしまったようです。

大道ルート西側の谷戸の最奥部付近の風景
大道ルート東側の谷戸の最奥部付近の風景

昨年(2001年)の秋に、ここ稲城の丘陵の中を古道探しに訪れました。詳しい資料も無く、漠然と里山の中を彷徨していました。その時は古道探索を半分忘れたかのように美しい里山の風景を楽しんでいました。そしてそのころ、ここ稲城の自然の美しい丘陵も開発計画が進んでいるという情報を得たのでした。

都心から電車で1時間ほどで来られる、ここ稲城に残されたわずかな多摩丘陵の自然が無くなろうとしているのです。現代人というのは自然に対して冷酷なものです。多摩丘陵を人工的な丘陵に造り変えないと気がすまないのでしょうか。一時の高度成長時期と違って今日では価値観の見直しがされている時です。便利イコールは人間の幸福でないことぐらいはわかってきているとは思うのですが残念なことです。私自身は古道跡がまた一つ無くなるので残念がっているわけですが、古道を知らない人達の中にも大切な自然を守ろうとしている方々が沢山います。

他県の人間が開発について意見を言える立場ではありませんが、一つだけ言わせてもらえば、壊してしまった自然は再び同じ状態には二度と戻ることはありません。手を入れてしまってから後悔しても遅いのです。よく言われるように私達の世代で人の生活に必要な自然を破壊してしまい、私達の子孫にそれを伝えられなかったとしたら取り返しのつかない大変な過ちとなるかも知れないのです。

昨年の暮れに2度目の古道探しに訪れました。一日がかりで丘陵の中を歩きまわりました。その結果、古道跡らしきところが数カ所あることを確認しました。万福寺の森で悔しい思いをしているので何としても写真だけは撮って置きたかったのです。

今年になってから「多摩丘陵古街道探索会」という詳しい資料があることを知りました。そこでは「是政道」という名で紹介されていました。そして昨年の暮れに見落としていたもう一本の古道ルートを知ることもできたのです。

妙見尊付近の塚状小山の脇を通る道(古道ではない)

概要  地図  古道跡  歴史  史跡
稲城の古道探索